忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The King's Speech

クリスマスイブから日曜日まで、Edの実家に帰省していました。
そのことを書こうと思っていたのですが、クリスマスは毎年、映画を見るのが恒例行事で、その映画がほんとによかったので、そのことを。

映画は、The King's Speech。
コリン・ファースとジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターが主演の、実話をもとにした歴史ドラマです。

今の英国女王エリザベス2世の父王、ジョージ6世(コリン・ファース)は、子供の頃のトラウマ的な体験がもとで、吃音症を持っており、演説が苦手で軍人を希望し、裏方に徹していたものの、「王冠を賭けた恋」により兄王が王位を退いてしまったため、突如国王にならざるを得なくなってしまいます。

妻エリザベス(ヘレナ・ボナム・カーター)のアドバイスで、オーストラリア人の言語療法士(ジェフリー・ラッシュ)の力を借り、第二次世界大戦開戦の際、吃音を克服し、感動的なスピーチを披露して、国民を勇気づけ、後に善良王と呼ばれるほど人心を得るまでを描いています。

私、BBCドラマ高慢と偏見の大ファン(10回以上繰り返して見てます!)で、コリン・ファースのファンなのですが、コリン・ファースの演技力をまざまざと見せつけられる映画でした~。
本当に吃音症なのかと思ってしまうほどです。
特に派手な演出があるわけでもなく、淡々とドラマが進みますが、あちこち笑わせてくれる場面もあり、しみじみと感動する場面もあり、ジョージ6世の苦悩に涙する場面もあり、久しぶりに素敵な映画でした。これ、ほんとお薦めです。

Edは、ヘレナ・ボナム・カーターがなぜか嫌いで、最初ちょっと渋っていたのですが、見終わった後、彼女の演技は凄いと認識が変わったようです。
脇役も皆いい感じで、個人的には、高慢と偏見でヒロインを演じたジェニファー・イーリーが出ていて、思わず声をあげるほど嬉しかったです(笑)
相変わらず綺麗だし演技上手。
しかも、脇役だけど、高慢と偏見でも脇役でいい味を出していたデヴィッド・バンバーが出ていて、これも嬉しくなってしまいました。

ジョージ6世の兄、エドワード8世の王冠を賭けた恋については知っていましたが、ジョージ6世のことは知りませんでした。写真で見ても、とっても素敵な王様ですね。
益々英国王室に対して興味が湧きました。

良ければ押してくださいね~。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne