忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

凍った世界をお散歩

P1203008.JPG2週間以上も放置してしまいました・・・。

毎日が飛ぶように過ぎていくのに加え、最近、娘が再び夜中に何度も何度も起きるので、寝不足気味です。
離乳食が軌道に乗ってからは、夜、寝かしつけた後は、大体12時~2時の間に目を覚ますものの、その後は朝まで起きないことが多かったので、母乳だけの時期に戻ったみたいです(涙)

さて、久しぶりにKOKOの話題。
先月の1月20日に、2歳になりました。落ち着きは未だにありませんが、年齢上はすっかり成人です。
きょうだいの中でも、一番体が小さい、弱々しい子(母犬が、若干、育児放棄気味だった)だったのに、予想外に大きく育ちました。去年の誕生日にあげたセーターが、もう小さすぎるような感じ・・・?
 
PR

アレルギー

38581f4d.jpegここのところ、うちのKOKO、耳をよく掻いてはウーウー唸っていたのです。
一応、定期的に耳掃除はしているし、耳の中を覗いても、何かができている訳でもなくて、なんだろうね?とEdと心配していました。

しばらく様子を見ていたのですが、あまりに掻きすぎたのか、外耳がちょっと赤くなってしまっていて、掻くのは止めないしで、VET(獣医)へ連れて行くことにしました。

アパートの周辺では、他の犬を見ると吠えまくるのですが、VETでは大人しいんですよねぇ。アパート周辺はテリトリーっていう意識なんでしょうね、やっぱり。

先生に診てもらったら、「季節性アレルギーと思われる」とのこと。

「去年の注射、効いた?」って言われて、私もEdも、「あっ!!」ってなりました。
そうだった・・・。去年も、同じことがあったのでした。

丁度、臨月→出産となる直前だったので、すっかり忘れてました。
来年は、注射のお世話にならなくて済むように、もうちょっと早めに塗り薬をもらいに行かないと。

注射と塗り薬で、あっという間によくなり、耳も掻かなくなりました。犬でもアレルギーってあるんですね・・・。

因みに、耳掃除はあまりやりすぎないように、と言われました。最近、2~3ヶ月に1回くらいしかやってなくて、もっとやるようにって注意されるかと思ったら、綺麗なので、今以上にやらない方がいいとのことでした。それよりも、体重が13lbというのにちょっと焦りました。意外と大きくなってるよー!お医者さんには、丁度良いけど、これ以上増やしたらダメって言われたので、気をつけないと。最近、娘のおやつや離乳食をかっさらって食べてるのが効いてしまったのかも。

診察+注射+塗り薬で、$72でした。

あれ?何だか、またついてない話になっちゃったですね。ま、こんなこともあります。

寒がりでも、やっぱり雪は好きみたい

RIMG3531.JPG昨日は気持ちの良い晴天だったのが、今朝起きたら、うってかわって雪景色でした。

凄い雪だったので、明日以降、アパートに閉じ込められるかも(一昨年の11月、大雪が降った時、アパートから出られなくなったことがあったので・・・)と、買い出しに出かけたついでに、KOKOをドッグパークに連れて行きました。

行った先は、いつもの公園ではなく、もっとうちに近い、Grandview Parkというところです。

ここは、凄く広いドッグパークで利用者も多いと聞いていたので、犬を怖がるKOKOにはハードルが高いかと、まだ未訪問だったのですが、雪だし、人もいないのでは、と覗いてみることに。

ついに目撃!よその子と遊べたよ!

昨日は、最近、ご機嫌斜めのKOKOのために、ドッグパークへ行ってきました。

娘が産まれてからは、Edが出勤前と帰宅後に散歩に連れて行ってくれているのですが、この時期、どちらも真っ暗だし、寒さに弱いので、KOKO自身があまり行きたがらず、すぐに帰ろうとするのです。

それで、ストレスが溜まってるのか、かまってくれない私達への抗議なのか、先週、カーペットに粗相をしたのです・・・。トイレの粗相はずいぶんなかったので、私もEdもビックリ。ちょっと可哀想なことをしてるよね・・・と改めて反省して、ドッグパークに連れて行きました。
RIMG3453.JPGもちろん、娘も一緒です。

イギリス在住のMちゃんが贈ってくれた、イギリスっぽい素敵な帽子が、丁度よくなったので、防寒もばっちり!先月届いた時は、顔がすっぽり覆われてしまっていたので、大きくなったなぁと嬉しくなりました。

ドッグパークは10月以来です。
5月に初めて連れて行ってから、娘が産まれるまでは、月に1~3回は連れて行ってましたが、非社交的な性格は全然改善されないまま(涙)

8月に、Edが一人で連れて行った時、初めて、チワワちゃんに自ら遊ぼうと近寄っていったと聞きましたが、私はそんな姿をまだ見ていません。

今回は久しぶりだし、どうだろう・・・と危ぶんでいましたが・・・。



 

7歳になるまで仔犬は飼わないように、と言われても・・・

RIMG2642.JPGずいぶん長いこと犬のKOKOの話題を書いてなかったのですが、来月で1歳、そろそろ成犬になります。特に夏以降、一気に脳が発達したなぁと実感できることが多くて、嬉しいような、淋しいような気分です。
とはいえ、まだまだやんちゃな感じなんですが、兄弟姉妹の中で一番小さくて弱々しかった子が、人見知りは激しいものの、こんなに元気に育ってくれて嬉しいです。

妊娠が分かったのが、KOKOを迎えた直後だったので、新生児と子犬の両方の面倒を見ることができるのかと心配でした。何せ、両親学級でも、安全アドバイザーから、「仔犬や年の若い犬は、子供が7歳になるまで飼うのはやめたほうがよい」と言われてたんです。

犬が何かする、というよりは、子供が突拍子もないことをすると、犬がびっくりして反応して、怪我をさせるリスクがあるからだそうです。

・・・・と、言われても・・・・って気分でした。

一方で、アドバイザーの言うことも分かるんです。どんなに噛まないように、引っ掻かないように躾けても、絶対ということはないと思うので。Edとは、娘が産まれる前に、できるだけKOKOにストレスをかけないようにしようと役割分担を決めたんですけど、やっぱり、産まれる前のようには構ってあげられなくて、可哀想なことをしています。

明日までは、私の母が散歩や遊び相手をしてくれてたので良かったのですが(お陰ですっかり母に懐いて、ここのところ、私には見向きもしない。笑。)、母が去った後、頑張らないとって感じです。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne