忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母乳に良さそうなおからクッキー

私は、今のところ母乳だけで娘を育てているところですが、最初の1カ月半くらい、母乳の量が足りないような感じがしていました。実際、2週間健診では、体重増加が十分ではないとチェックが入ちゃったし。

お医者さんにアドバイスされたように、一回の授乳で左右両方とも飲ませる、飲ませる間隔を短くする、水分をいっぱい取る、ということを続けた結果、まあまあ出るようにはなりました。

日本の母乳育児について調べると、母乳に良い食べ物リスト、なんていうものがざざーっと出てくるのですが、アメリカだと、母乳の出が食事で左右されるという考えはあまり浸透していないような印象があります。母乳育児教室でも、フェネルグリークというハーブがいいとか、オーガニックヨーグルトがいいとかは聞きましたが、ジャンクフードを避けてバランスよく食べればよい、くらいのアドバイスしかなかったです。

なのですが、アメリカの子育てサイトなどを見ていたら、Lactation Cookies(母乳の出がよくなるクッキー)なるものを、見つけました。さすが、クッキー好きな国民ですね。ネット上で色々レシピを見つけたものの、作ってなかったんです。そんなとき、Jillさんが、Lactation cookies作ったから、(そのブログ記事:http://jillinusa.exblog.jp/14392977/)と、お裾分け下さいました。

・・・で、これがですね、効いた感じがするのです!!!
PR

75年前の結納品

先週から、日本の母が初孫の顔を見に手伝いに来てくれています。
小言が多いのが困りますが(-_-;)、娘の相手をしているうちに、昔自分が子育てをしていた頃を思い出したらしく(来る前は、忘れたと言っておりました・・・)、色々アドバイスもくれるので、助かっています。
それに、こうしてブログを書く時間も取れるし。

孫と孫犬(KOKO)の威力は絶大なようで(笑)、2人にメロメロのようです。私としては、厳しい母ばかり見てきたので、あまりのメロメロぶりに、意外な一面を見たような気分・・・。

RIMG3194.JPGそれはともかく、母が日本から持ってきてくれた荷物の中に、待ちに待っていたものがありました。今年の3月に亡くなった祖母の形見です。75年前、祖父が結納品として祖母に贈った帯をもらうことになったのですが、残念ながら、保存状態が悪く(涙)、帯としては使えませんでした。そこで、母が、帯をマザーズバッグにリメイクしてくれたのです~。
←それが、これ。

大容量で、赤ちゃんとのお出かけに必要なものが全て入って、なかなかいい感じでした。何よりも、祖母の思い出が詰まった、世界に1つしかないものだし!
 

First Bath

娘の初めてのお風呂について記録しておきます。

アメリカでは、へその緒が完全に取れるまで(いやー、へその緒って、生後もしばらくくっついたままだって知らなかったですよ・・・。)、沐浴をしないようにと指導されます。生後すぐにバースセンターで沐浴してもらった後は、Sponge Bath(スポンジバス)と言って、お湯に浸して絞った柔らかい布などで体を拭くように指導されます。ベビーソープを使うこともあるみたいですが、小児科のDr.Gに、ソープは使わなくていいと言われたので、お湯だけで拭ってました。

でも、お風呂文化の日本人としては、ちょっと物足りないです・・・。
生後4日くらいで、ころん、とへその緒が取れたので、沐浴しちゃおうかなと思ったのですが、一部がまだおへそにくっついたままで、お医者の言葉を絶対順守したいEdに、大反対されちゃいました。

ほとんど取れたのが、生後8日目。ようやく9日目に、初沐浴ができました。

実際にやるのは、怖々でした。何せ、うちの娘、生後数日で足と腕をぶんぶん振りまわして動き出すようになってまして、大人しく洗わせてくれるのかと心配で。

Carseat Inspectionでチェックを受ける

昨日、もう一つ、出産前にやっておかなければいけなかったことを済ませました。Carseat Inspection(チャイルドシートの検査)です。なんてギリギリな私達・・・。

カーシートは、両親学級で、子どもの安全アドバイザーの方が勧めていたchiccoのKeyFit30(ただし、2008年2~3月製造モデルはリコール対象なので、ご注意!)を買うことに決めていたのですが、ストローラーとセットになったトラベルシステムにするかどうかについて最後まで迷って、買うのが遅れてしまいました。
インスぺクションは、私達が住んでいるキング郡南部では、月に4回しか開かれておらず、先月、間に合わなかったのでした。

昨日は、Federal Way(フェデラルウェイ)にあるSt. Francis Hospitalで、pm5:30~7:00までやっているというので、Edに早退してもらって、2人で行ってきました。
ワシントン州にお住まいでしたら、こちらのサイト:http://www.800bucklup.org/carseat/inspections.asp から、インスぺクションイベントの場所・日程を調べられます。基本的に無料です。(できれば、寄付が望ましい。)こちらのサイト、カ―シートのリコール情報など色々載っていて便利です。
全米の情報はこちら:http://www.safekidsweb.org/events/

恥ずかしながら、車のマニュアルとカ―シートのマニュアルを読んでも、夫婦揃っていまいち設置の仕方が分からなかった私達・・・。出産前に行くことができて、本当に良かったです。危なかった!


Photo Shooting!

今日は、出産前に、どうしてもどうしてもやっておきたかったことを、終えることができました。

マタニティフォトの撮影です!

マタニティフォトって、普通、お腹が大きくなって、でも、まだ体調がよい時期である32~36週くらいで撮るのがよいみたいです。私も、最初、34週に予定していたのが、頼んでいた人が体調を崩して36週(先週)に変更になったのですが、今度は私が風邪で体調が最悪になり、38週目前の今日に延期になってしまったのでした。

撮影前に産まれちゃったらどうしよう・・・と、ちょっとドキドキでした。しかも、家を出る前に、Bloody Show(おしるし、お産が近づいたサイン)と思しき褐色のおりものが出て、さらにドキドキしてたんですけど、特に痛みも起こらず、無事に撮影できたので、お腹に留まってくれたベビちゃんに感謝です。

私はK1ビザで入国しているので、昨年12月に、Edの一家と30年来の付き合いがある神父さんにお願いして、結婚式を挙げました。(アメリカの場合、日本と違い、何らかの形で結婚式を挙げないと、結婚は認められません。)でも、色々事情があり、私の家族は参加できなかったので、ウェディングドレスは着ませんでした。今年、改めてパーティを開く予定だったのですが、妊娠でそれどころではなくなり、結局、ウェディングドレスの写真がありません。多分、パーティは、もう開かないので、ウェディングドレスを着るつもりもありません。どうもEdはそれを気にしてるみたいで、マタニティフォトではなくて、ウェディングドレスの写真を、ベビちゃんが産まれた後に撮った方がいいんじゃないの?って言われたのですが、私は、ウェディングドレスよりも、断然マタニティフォトの方が良かったので、大満足。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne