忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エプロン

1ヶ月も放置してしまいました・・・。

今年の夏は、お天気が良い日が続いていて、毎日、外遊び!
娘の楽しそうな笑顔を見るのは嬉しいのですが、老体には、強い日差しによるダメージが激しく、最近、夜は、早く寝てしまいます。

この週末は、久しぶりに引きこもっていました。お蔭で、半年間放置したプロジェクトが、ようやく完成!


PR

My little red riding hood

前の記事で書いたように、今年の娘のハロウィンコスチュームは、The Little Red Riding Hood、赤ずきんちゃんです!コスチュームは、頑張って手作りしました~。


お出かけ着、ようやく完成しました。

妊婦お友達のJillさんが、予定よりも早かったけど、無事、ご出産されて、嬉しくなりました。(詳細はこちら:
http://jillinusa.exblog.jp/13759352/)Jillさん、本当におめでとうございます♪

Jillさんとは、妊娠が分かってからのお付き合いなのですが、一緒に妊婦生活を送ってきたこともあって、もう、自分のこと以上にドキドキしてて、ここ何日かはソワソワしっぱなし。日本の妊婦友達からも、「そろそろかも・・・」と連絡もあって、さらにソワソワ、落ち着かない日々です。自分のことは、ドキドキしないんだけど、お友達のことは、母子共に無事で・・・って祈るしかできないからかもしれませんね。

JIllさんの可愛らしいベビちゃん達の写真を見ていたら、私も早く産みたい!という気もしてきちゃいましたが、まだまだ準備が全くできていない(汗)ので、もうちょっとお腹にいてね、と話しかけています。でも、今日から34週目。今産まれても、ほとんど問題ないらしいので、ようやく、心から安心しました。

ソワソワした気持ちを宥めるべく、ここ数日で、しばらく放置していたお裁縫を再開して、ようやく、お出かけ着を完成させました!これで、作りたかった大物(?)はほぼできました。

型紙は、また、奥山千晴さんの本から。片っ端から作ってる感じです・・・。

お針子の日々、その弐

RIMG2566.JPG着るものだけでなく、おくるみ・ブランケットも、もう1枚作りました。今度は、秋に生まれる予定なので、表と裏にダブルガーゼ、中に綿ネルを挟んで、少し温かくなるように作ってみました。シアトルは涼しいので、きっと3シーズン(場合によっては夏ですら)使えるのではないかと。

前回作ったものより、一辺の長さを2cmずつ縮めたのですが、それでもまだ大きいかなあ・・・。

ついでに、余り布でBib(スタイ)も。スタイの型紙は、長肌着と同じく、奥山千晴さんの型紙です。前面につけたコットンリボンは、JoAnnで買いましたが、そのままではイマイチだったので、細いサテンリボンを間に入れてみました。
RIMG2564.JPG余り布で、さらに2つスタイも作りました。

ミシンと針にもだいぶ慣れてきて、作るのが楽しい毎日です。次は、何を作ろうかな・・・。

良かったら、応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
 

お針子の日々

RIMG2562.JPG角膜潰瘍を患ってからは、なるべく目を酷使しないようにしているのですが、毎日、少しずつお裁縫を続けています。ミシンにもだいぶ慣れてきました。
やっぱり、数をこなすのは良いようです。

←2作目の長肌着は、1作目よりだいぶ綺麗に仕上がりました!型紙は、1作目と同じく、奥山千晴さんの本から。
本だと、バイアスにリバティのタナローンを使っているのですが、私は、縫いやすいかと思って(そして安いので)、少し張りのあるコットン生地やコットンリネン生地を使っています。

ただ、それだと、紐が固くなって結びづらいということが分かったので、今回は、日本製の柔らかいサテンリボンを使いました。(肌に当たる部分は綿生地の方がいいかもです。)

 



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne