忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

My little red riding hood

前の記事で書いたように、今年の娘のハロウィンコスチュームは、The Little Red Riding Hood、赤ずきんちゃんです!コスチュームは、頑張って手作りしました~。





しかし、去年、「来年は私も一緒に仮装して・・・」なんて意気込んでいましたが、娘の衣装を作るのだけで精一杯でした。お友達が、親子で仮装してたのが、凄く素敵だったので、来年は、私もできたらいいなぁ。

市販コスチュームは意外と高価なので、アメリカって、コスチュームを手作りする人は少なくありません。でも、ネットで見てると、結構、適当に作ってるんですよ。

さすがアメリカ人、自由すぎる、と、またステレオタイプな見方をしてしまいますけどね、でも、手持ちの子供服を紙にあてて、フリーハンドでパターンを作るとか、本当に適当!

寧ろ、そうか、そうやっても形になるのか、と目から鱗ではありましたが。

私は、綺麗に作りたい性質なので、フードマントのパターンを探しました。で、見つけたのが、この無料パターンです。

ただ、首回りが綺麗にできなかったので、フードの内側と同じ生地で、バイアステープを作って、縫い合わせ部分をカバーし、さらに、リボンも中に縫い閉じて、リボンの端が見えないようにしました。

標準より小さ目の2歳児には大きいかな、とフードの後頭部を小さく書き換えましたが、大きくても可愛いし、そのままでも良かったかも。寧ろ、首回りを少し詰めるべきでした。

ドレスは、以前作った、ノースリーブシャツのパターンを応用して、フリルたっぷりのギャザースカート(ただの長方形を縮めたもの)をくっつけ、袖ぐりに、これまた余り布で作ったフリルをつけて、ジャンパースカート風にしました。

フードとドレスを作った時点で、力尽きたのですが、やっぱりエプロンが欲しい気がして、ハロウィン当日、ガガガーッと、適当にエプロンも作成。長方形だけでできている簡単なもので、近くで見ると縫い目も粗いものですが、やっぱりエプロンがあった方が、雰囲気が出ますね。

本人も、「カワイイ!!カワイイ!!」と大喜びしてくれました。知らない人達から、何度か、「どこで買ったの?」って聞かれたり、大勢に褒められたので、大満足です。←この年になっても、褒められると嬉しい、根っからの褒められて伸びるタイプです・・・。


PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne