忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Serious Chocolate Loversの皆さまへ

金曜日、ブログで知り合うことができたKittyさん(Kittyさんのブログ:http://blog.goo.ne.jp/kittythedoll)とお会いすることができました。Kittyさんの携わっている活動に興味があって、ご連絡を取らせて頂き、ついにお会いできたのですが、それ以外の話も盛り上がり、もうちょっとお喋りしていたいな~という流れに。

帰り道に寄ろうと思っていたお店に、お付き合い頂いてしまいました。Kittyさん、楽しい時間をありがとう!

向かった先は、Intrigue Chocolates(http://intriguechocolates.com/)。チョコロポリスの次に行きたかった、チョコレート屋さんです。この店舗、私が渡米した直後の2010年11月にオープンしたそうです。それ以前からチョコレートは作っていたそうですが、最初から、いくつもの賞を受賞するほど、評判がよいのです。期待大!

RIMG4626.JPGですが、ただの冷やかしだけでは、入りにくいお店ですので、ご注意を。
場所は、Pioneer Squareにあります。この辺りに立ち並ぶ、古いビルヂング(と、書きたくなる景色なんですよ)の1つに入っています。1階は、娘が卒乳したら、絶対に行こうと思っている、日本酒のお店です。

ビルの2階にあるのですが、お店がある雰囲気ではないですね(笑)でも、看板が出ているので、分かります。

凄く気に入ったお店なので、長いレポートです。↓
 
PR

Chocolopolisで、チョコレートの形をした夢を見る

RIMG3941.JPG日曜日、「ZIZIさん、Chocolopolisに行ってみたいと言ってましたよね。」と、お友達が誘ってくれて、念願の初訪問を果たしました。

以前ご紹介した(記事はこちら→http://zizialaska.blog.shinobi.jp/Entry/49/)、Chocolate Boxが、シアトルを中心としたローカルなメーカーのチョコレートばかり扱っているのに対し、Queen AnneにあるChocolopolisは、世界中のチョコレートを集めた、高級ブティックのようなお店でした。
RIMG3958.JPG
ディスプレイもとても綺麗で凝っていて、思わずキョロキョロしてしまったのですが、ふと、目にした棚に釘づけになってしまいました。そこにあったのは・・・・

イタリアのAMEDEIのチョコレート!!!

まさか、シアトルでお目にかかるとは思ってもおらず、大興奮です。日本でも、限られたお店でしか手に入りません。

アメデイのキャッチフレーズは、「チョコレートの形をしたわたしたちの夢」だそうですが、ちょっと納得。板チョコ1枚$6.99と破格の値段ですが、それだけの価値があると思うチョコレートです。

さらに特筆すべきは、sipping chocolate(飲むチョコレート、いわゆるホットチョコレート)です。
 

至福のチョコレートカフェ

RIMG3856.JPGシアトル近郊には、ショコラティエが本当に多いです。大体、カフェになってて、チョコレート+コーヒーの素敵なマリアージュが楽しめます。
昨年11月、シアトルからちょっと離れたBurienにも、新しいショコラティエがオープンしました~。お店の名前は、ARMOIREです。
50816967.JPG
昨日、ミートアップグループに参加したかったのは、会場になっていたこのカフェに行きたかったから!でした。

正直、このカフェ、紹介するのを止めようかと思ったくらい、気に入りました。東京にあっても通用するのでは!?と思ったくらい。近くにお住まいの方、本当にお勧めですよ~!

 

Chocolate Boxにはシアトルチョコがいっぱい

もうすぐ、バレンタインデーですね。
欧米だと、女性から男性にではなく、男性から女性に贈り物をするのが一般的のようですが、皆さんはどうされていますか?
今年は、アメリカに来て落ち込むことが多い中、全力でEdが支えてくれたので、チョコレートを贈ろうと思ってます。

で、その前に、自分で味見!!と思って、以前、ダウンタウン探検中に発見した、チョコレート専門店のChocolate Boxに行ってきました。チョコレートは、お菓子の中で、一番好きなのです。コーヒーとチョコレートも、赤ワインとチョコレートも、うっとりします。

なぜかこちらに来てから、甘いものを、以前程食べたいと思わなくなったのですが(頭を使ってないせいか!?)、チョコは、時々、カカオ率の高いものなど、食べたくなります。
シアトルでは、TheoやFran'sのチョコレートも好きですが、Chocolate Boxでは、それらも含めて、色々な種類があるので、楽しいです。

場所は、パイクプレイスマーケットの近くです:sschocolatebox.com/contact/directions.php
このお店の斜めお向かいにある、ALHAMBRAというセレクトショップでは、割と素敵なお洋服やアクセサリーなどを、扱っています。(見るだけですが・・・)
4f14274f.JPG前にChocolate Boxに来た時は、じっくり見なかったのですが、あまり見たことのないチョコレートも、数多く扱っています。カフェもあって、アイスクリームや飲み物も頂けます。a12ce739.JPG

カウンターの中の1個売りのチョコレートも、それぞれお店が違っていたりするので、じっくり説明書きを見ないと、良く分からなくなってしまいます。

今回は、買うつもりで行ったので、お店のスタッフに話しかけて、あれこれ聞きまくりました。とっても親切な子で、一つ一つ丁寧に答えてくれました。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne