忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おくるみ兼沐浴用タオルが完成♪

RIMG2498.JPGベビー用品手作り計画第3弾は、おくるみ兼沐浴用ガーゼタオルです。
実は、これが一番作りたくて、多分、一番簡単な筈なのですが、なにせ布の使用量が一番多くて、失敗できない・・・と緊張しました。

まだ、出産を予定しているBirth Center(分娩センター)の見学会に参加してないので、アメリカで出産して退院するとき、ベビちゃんにどんな格好をさせるのかよく分かってないのですが、日本だと、おくるみにくるんで、って聞いたので、それを作りたかったのです。

あと、以前も書きましたが、アメリカでは、私が愛用しているガーゼタオルというものを見かけないので、タオルとしても使えるといいなぁと思って、アメリカでよく売っている、フード付きタオルを参考に作ってみました。

ちょっと大きめの縫いぐるみをベビちゃん代わりに包んでみましたが、大きかったかも・・・。小さいよりはいいかな・・・。

PR

20年振りの作品は、スタイと長肌着

20年振りのお裁縫なのですが、型紙と作り方が分かれば何とかなるだろう、とかなり楽観的に考えてました。

最初に作ろうと思ったのは、長肌着です。
Jillさんに、アメリカには、日本でよく見る、前合わせで紐で結ぶタイプの肌着はほとんど売ってないと聞いたので、作ってみようかなと思いました。

先月、友達が遊びに来た時に、奥山千晴さんの、「赤ちゃんのために作るもの-handmade for babies」を持ってきてもらったので、この本に基づいて作ることに。



で、早速、布を買わなきゃ!と張り切ったのですが、なんと、アメリカでは、ガーゼ生地というものが、ほとんど売ってなくて、ビックリ。ベビー用品=ガーゼじゃないの!?と思ったのですが、色々調べてみると、新生児用の肌着なんかは、普通の綿ニットや綿ネルのよう。ちょっと名のあるブランドだと、オーガニックコットンを使っていたりしますが、それでも、ガーゼでできた商品が、ない!
近所にあるJO~ANNという、生地とクラフトの大きなお店に行っても、ガーゼは売ってませんでした。

今のところ、布おむつをメインで使おうと思っているのですが、おむつにガーゼとか使わないの?って思ったら、大半の商品が、綿ネルでした。

ネットで探してみても、結局、売っているガーゼ生地は、ほとんどが、日本製品。それだったら、いっそのこと日本から、取り寄せちゃった方がいいかも・・・と思い、お気に入りのデザイナー、伊藤尚美さんの生地を、取り寄せてしまいました。多分、日本の既製品を取り寄せた方が遥かに安いので、我ながらバカだなぁとも思ったのですが、丁度、5月にバイトしてお小遣いを稼いだばかりだし、どうせ作るなら自分の好きな布で、と拘ってしまいました・・・。

兵庫にある、布がたりさんというお店が、外国向けのネットショップFabric Taleを開いており、ドル払いのみで、海外から注文を受け付けてくれます。和柄の布も数多く扱っており、送付方法も、EMS、AirMail、SALと選べるので、親切です。HP:www.fabrictales.com/cgi-bin/Store/store.cgi


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne