忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Yelp, Bloody Toy, and.....Treasure hunting!

RIMG2480.JPG6月半ばくらいから、KOKOが不審な行動をするようになってました。椅子の下に隠れて、顔をかきむしっていたり、突然叫んだり、突然カーペットをむしり始めたり(泣)。

KOKOを引き取ってすぐの頃は、初めて犬と一緒に生活するし、下痢をした!吐いた!くしゃみが止まらない!と言っては大騒ぎして、Edに、「お願い!!今すぐ獣医に電話して、命に関わらないか聞いて!!!!」と頼んでいましたが、さすがに最近は、落ち着いて判断ができるようになりました。

電話嫌い、しかも英語でなんてもっと嫌で、全部Edにお願いしていた私・・・・。それもさすがに最近は自分でやるようになりました・・・。

食欲はあるし、体の表面には異常もないし、元気に駆け回っているので、様子を見ていたのですが、ある日、噛みまくっているオモチャが血まみれなのに気付きました!

ついにこの日が来たか!
PR

猫との邂逅

独立記念日の週末に義両親を訪ねた目的の一つに、我が家のKOKO(♀のミニチュア・ピンシャー、6か月)を、義両親の飼っている犬と猫に会わせたいということがありました。
実は、KOKO、猫を見たことがなかったのです・・・。

義両親が飼っているのは、犬のデイジー(♀・12歳)、灰色猫のギジ(♀・12歳)、黒猫のペッパー(♂・6歳)です。このうち、デイジーとペッパーは、シェルターから引き取った子達。
5e018a90.JPG
デイジーは、とってもフレンドリーな穏やかな子で、KOKOが無礼なことをしても、体も大きいし、多分大丈夫だろうと思ってました。
←最初怯えていたKOKOも、少しずつ慣れて、翌日の午後には、このどや顔・・・

09b8268f.JPGギジ(右の写真。稀に見るデブ猫です・・・)は、義両親の家の「女王様」ですので、自分以外の動物は、はなも引っかけず、近寄らせないので、これもまた大丈夫だろうと思ってました。

問題は、一昨年に来たばかりのペッパー・・・。人間だろうが犬だろうが、誰とでも遊びたがるのですが、全く躾をされていなかったらしく、遊びと攻撃の区別がつかず、暴れん坊将軍なのです。なぜか気に入られている私は、何度襲撃されたことか・・・。

夜中の到着だったので、KOKOが知らない動物達に興奮して大騒ぎをすることも心配したのですが、結果としては、意外と大丈夫でした。

おやつ

仔犬のKOKOは、呆れるくらい、食べることが大好きです。
おやつを使ったトレーニングは成功しやすいので、良いのですが・・・あまりに食べ物に執着するので困ります。
来てすぐの頃、環境が変わってストレスでお腹を壊して、お医者さんに薬をもらったのですが、薬(一応、チキン味でしたが・・・)ですら、嫌がるどころか、もっともっと~!って欲しがる姿にビックリしたものです。
RIMG2116.JPG今週のトレーニングクラスでの宿題の1つは、伏せ(Down)なのですが、カーペットの上ではできるのに、フローリングや外での伏せは、凄く嫌がって抵抗されていたのです。短毛でお腹に殆ど毛がないせいか、柔らかくない床にお腹をつけるのがイヤだったようです。が、初めてのおやつを使って、根気強く練習していたら、遂に、欲望に負けて、できるようになりました。
 さっきは、おやつ欲しさに、言われる前に伏せてました・・・

社会化プロジェクト、続きます

 土曜日のドッグパークデビュー、Edと義弟は、「一番マナー悪かったけど、楽しそうだったよね」と言っていたのですが、私は、トラウマになっちゃったらどうしよう・・・と若干心配でした。
RIMG2068.JPGが、全く、トラウマにはならなかったようで、昨日のドッグトレーニングクラスでは、先週以上に、積極的にクラスメイトにちょっかいを出しに行っていました・・・

で、ドッグパークでもそうだったのですが、自分でちょっかいを出しておきながら、相手が反応すると怖がって後ずさる、という何とも困った子でして、左の写真が、そのときの様子です。

左側の大きい犬は、先週から新たに加わった、オーストラリアンシェパードのミックス犬、ヒューイ1歳です。ヒューイはちょっと吠えるのですが、全体的に人懐こくて賢い子です。大きいせいか、KOKOは前回怖がってたのですが、優しい子だと分かったのか、いつも気になるマティがお休みだったせいか、トレーニング中に、ヒューイに向かって、興奮して遊ぼう遊ぼうと誘い始めて(汗)、トレーナーのシーラさんに怒られました・・・

友達100人できるかな?

 2週間前からドッグトレーニングクラスに通いだした我が家のKOKO。少しずつ、他の犬にも興味を示しだし始め、先週のクラスでは、自ら挨拶に出向きました!!びっくり(笑)

最近、ご近所の方から、「ええ!!もうそんなに大きくなったの!?この前まで手のひらに乗りそうなサイズだったよね??」と声をかけて頂くことが多くなりました。そうなんです、体の大きさは、倍くらいになったのではないでしょうか。それに伴って、少しずつ行動範囲も広がり、怯えも、ほんの少しだけマシになりました。
ご近所で犬を飼っている方々のうち、親切な方何人かが、KOKOのSocialization(社会化)を助けようと、怯えるは唸りはするKOKOをものともせず、「うちの子はフレンドリーだから大丈夫」と言って、引き合わせてくれたりもしました。で、先日、デイジーというご近所の犬が大好きだったみたいで、遊ぼう遊ぼうと大興奮しちゃって、凄かったんです(デイジーは落ち着いたお姉さんなので、さらっとかわされてましたけど。笑)。

878b10bf.JPGそういえば、KOKOも人間の年齢で言えば6~7歳(もうすぐ5カ月)。小学生じゃない!!
そろそろ、ドッグパークデビューしてもいいんじゃない?と思い、昨日、Off-leashエリアのある近所の公園へ行ってまいりました。

Kent市の公園で、昨年できたばかりのボランティアで運営されている公園です。ここを選んだのは、小型犬・恥ずかしがり屋さんコーナーがあるから。うRIMG2067.JPGちのKOKOは恥ずかしがり屋さんではなく、ただの怖がりさんなのですが、あまりにフレンドリーな犬だと、残念ながら怖がるのです。
さらに、あまり大勢の犬がいるともっと怖がるので、小さい場所を選びました。右の写真の右側が、Small&Shy Dog Areaです。All dogは左側なので、大型犬には物足りないかも。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne