忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アレルギー

38581f4d.jpegここのところ、うちのKOKO、耳をよく掻いてはウーウー唸っていたのです。
一応、定期的に耳掃除はしているし、耳の中を覗いても、何かができている訳でもなくて、なんだろうね?とEdと心配していました。

しばらく様子を見ていたのですが、あまりに掻きすぎたのか、外耳がちょっと赤くなってしまっていて、掻くのは止めないしで、VET(獣医)へ連れて行くことにしました。

アパートの周辺では、他の犬を見ると吠えまくるのですが、VETでは大人しいんですよねぇ。アパート周辺はテリトリーっていう意識なんでしょうね、やっぱり。

先生に診てもらったら、「季節性アレルギーと思われる」とのこと。

「去年の注射、効いた?」って言われて、私もEdも、「あっ!!」ってなりました。
そうだった・・・。去年も、同じことがあったのでした。

丁度、臨月→出産となる直前だったので、すっかり忘れてました。
来年は、注射のお世話にならなくて済むように、もうちょっと早めに塗り薬をもらいに行かないと。

注射と塗り薬で、あっという間によくなり、耳も掻かなくなりました。犬でもアレルギーってあるんですね・・・。

因みに、耳掃除はあまりやりすぎないように、と言われました。最近、2~3ヶ月に1回くらいしかやってなくて、もっとやるようにって注意されるかと思ったら、綺麗なので、今以上にやらない方がいいとのことでした。それよりも、体重が13lbというのにちょっと焦りました。意外と大きくなってるよー!お医者さんには、丁度良いけど、これ以上増やしたらダメって言われたので、気をつけないと。最近、娘のおやつや離乳食をかっさらって食べてるのが効いてしまったのかも。

診察+注射+塗り薬で、$72でした。

あれ?何だか、またついてない話になっちゃったですね。ま、こんなこともあります。
PR

無題
日本に、ピンシャーを飼ってた友達がいるんだけど、
そのピンシャーも、アレルギーがあって
結構大変そうだったよ。

アレルギーが出やすい犬種、というのが
あるのかどうなのかよく分からないけれど、
でもKOKOちゃんは、軽度そうで良かったね。

その治療費を考えると、
そうそう行きたくないもんね。。。

うちはないなあ・・・アレルギー。

でも、体重管理に関しては
常に、問題あり、だけど。

あ、でも、
アメリカに来たら、アメリカサイズ?なのか、言われることがなくなったよね・・。

日本の獣医さんが今の2匹を見たら、
間違いなく困った顔をする重さなのに・・。
Re:無題
masakingさん、お友達のピンシャー、大変ですね(;_;)
ピンシャーは、皮膚が弱い犬種だと言われたので、アレルギーもあまり不思議ではないのかもしれません。あとは、目と足が弱いみたいなので、フローリングの家にも住めないです。
去年は、仔犬だったし、結構VETにお世話になりましたが、今年は、予防接種以外で行ってなかったので、良かったと思ってた矢先に、行く羽目になりました(苦笑)
でも、季節性でよかったです。花粉症みたいなものなんでしょうね。食べ物アレルギーだったら、食べるの大好きなKOKOには厳しかったかも・・・。
【 管理人ZIZI 2012/09/20 09:27】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne