忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7歳になるまで仔犬は飼わないように、と言われても・・・

RIMG2642.JPGずいぶん長いこと犬のKOKOの話題を書いてなかったのですが、来月で1歳、そろそろ成犬になります。特に夏以降、一気に脳が発達したなぁと実感できることが多くて、嬉しいような、淋しいような気分です。
とはいえ、まだまだやんちゃな感じなんですが、兄弟姉妹の中で一番小さくて弱々しかった子が、人見知りは激しいものの、こんなに元気に育ってくれて嬉しいです。

妊娠が分かったのが、KOKOを迎えた直後だったので、新生児と子犬の両方の面倒を見ることができるのかと心配でした。何せ、両親学級でも、安全アドバイザーから、「仔犬や年の若い犬は、子供が7歳になるまで飼うのはやめたほうがよい」と言われてたんです。

犬が何かする、というよりは、子供が突拍子もないことをすると、犬がびっくりして反応して、怪我をさせるリスクがあるからだそうです。

・・・・と、言われても・・・・って気分でした。

一方で、アドバイザーの言うことも分かるんです。どんなに噛まないように、引っ掻かないように躾けても、絶対ということはないと思うので。Edとは、娘が産まれる前に、できるだけKOKOにストレスをかけないようにしようと役割分担を決めたんですけど、やっぱり、産まれる前のようには構ってあげられなくて、可哀想なことをしています。

明日までは、私の母が散歩や遊び相手をしてくれてたので良かったのですが(お陰ですっかり母に懐いて、ここのところ、私には見向きもしない。笑。)、母が去った後、頑張らないとって感じです。



RIMG2839.JPG娘を連れて帰る前日に、娘が身につけたものをKOKOに嗅がせておいたせいか、それとも、お腹にいたときから存在を感じてたせいか、娘には吠えませんでした。

娘が泣いてると、飛んで見に来ます。興味津々で、とにかく舐めたがります。

でも、実は、1回、ほんの少し目を離した隙に、娘を引っ掻きそうになって、肝を冷やしました。KOKOとしては傷つけるつもりじゃなくて、ただ触ってみたかっただけだと思うのですが、ビックリして、大声で叱ってしまいました・・・。

私の責任なのに、KOKOからしたら理不尽ですよね。娘が来てから、No!と言われる回数が増えて、可哀想です。

犬は手放した方がいいと言われたこともありますが、それは無理!それに、娘も自分のせいで犬が他所にやられたと知ったら、将来、ショックを受けるだろうし。KOKOも娘に嫉妬してるような感じはなくて、寧ろ、守ろうとしてるのかなぁなんて思うときもあるので、何かあったとしても、人間側の責任です。事故を起こす訳にはいかないので、私とEdで気をつけていきたいと思います。

こんなことを考えていたら、再読したくなった、大好きな本。続編はまだ文庫本になってないのですが、続編も併せて、こんなに号泣したファンタジーは、滅多にありません。アニメ化もされて、ご存知の方も多いと思いますが、本当にお勧め。娘にも、是非読ませたい作品。これを読んでもらうために、日本語を憶えてもらいたいくらい・・・



にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
PR

No Title
獣の奏者・・・知らなかった!
ものすごく読みたくなってしまった・・。
最近そういえば、小説をまるでよまなくなっちゃったな。

7歳まで、というのは、
へえーそうなんだっていう感じがしちゃった。

私は、子供の情緒の発達とか、
動物を愛する気持ちとか、優しい心を育てるとか、
そっちのほうが、怪我するよりも大事かなあって思う。
怪我は治るもんね。

KOKOちゃんも、ちゃんとすぐに分かるようになる気がする。
ここまではOK。ここからはNGという感じ。
今は、そこを学習しているときじゃないのかしら。
まだ・・・犬としては子供だもんね。

大丈夫、きっと、どちらにとっても、
大事な友達とか姉妹になれると思う。
KOKOちゃんが、家族にとって、
大事なキーになるときがきっとくると思うよ!
Re:No Title
masakingさん、未読ですか!?続編は日本の図書館で借りたので、手許にないのですが、文庫はあるので、次回お会いするときに無理矢理でもお貸しします(笑)読み返してまた泣きました!
そうそう、子供の頃に動物と触れ合うって大事ですよね!バスで小さい子供連れの人と話した時に、怪我させるのが怖くて犬は手放した、あなたは手放さないの?って聞かれて、結構ビックリしちゃいましたよ。だってもう家族の一員だし・・・って。確かに、子供と仔犬の両方の面倒を見るのは大変なのですが、気をつけてれば大丈夫だと思うし、頑張ります~♪
【 管理人ZIZI 2011/12/16 10:08】
わんちゃん
わんちゃんは 大切な家族の一員だし 絶対に 手放せないですよね。。。
Re:わんちゃん
ゆめさん、そうなんですよ!
手放すっていうことは思いもしなかったので、手放した方がいいと言われたときは、かなりビックリしちゃいました・・・。
【 管理人ZIZI 2011/12/16 10:18】
No Title
仕方ないケースもあるんだろうけど、私は飼い主の都合でよそにやるなんて
どうしてもできないと思う。妊娠の事を母親に話した時、すぐに
ワンコを手放せって言われてすごく喧嘩になっちゃったもんね。
それに、動物と育ったほうがべビちゃんもいろいろ学べていいと思うんだけどねぇ。
うちのワンコはボーッとしてるから、べビちゃんには殆ど興味がなくて
だんなと私が遊んでくれればいいって感じ。(笑)
でも遊んでやる時間がめっきり減ってしまって可哀相だとは思うよ。
だからできるだけ時間を作って遊んであげるようにはしてるけどね。

獣の奏者、私も知らなかった~。いつかチャンスがあったら読んでみよう。
Re:No Title
Jillさん、ほんと、難しいですね~。
うちも、母には、手放せって言われて、大喧嘩しました(笑)こっちに来たら、可愛すぎて無理だわね、って言ってたんですけどね。
アドバイザーの方、成犬でハイパーでない犬だったら、子供がいてもうまくあしらえるから大丈夫って言ってました。Jillさんちのワンちゃんなら大丈夫ですね、きっと。ベビちゃん達がもうちょっと大きくなったら、遊び相手になってくれそう~。
うちはまだやんちゃで、四六時中、遊んで遊んでー!!って感じなので、しばらくは大変そうですが、一緒に育ってくれって思いながら相手してます~。
あ、獣の奏者、Jillさんにもお貸ししますよー!
【 管理人ZIZI 2011/12/18 06:52】
No Title
ZIZIさん、ご無沙汰してました~。ブログにも全然お邪魔してなかったんですが、娘さんのご誕生、おめでとうございます!!
本当に、本当に遅ればせながらですが、お疲れ様でした。
娘さん、とっても可愛い!
またゆっくりお邪魔しますね。
Re:No Title
Nahoさん、ありがとうございます!!
どうなさっているかな・・・と心配だったので、コメント頂けて、嬉しいです♪
Nahoさんのブログ再開、楽しみにしています!
【 管理人ZIZI 2011/12/20 15:10】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne