忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホリデー気分から急転直下、SWEDISHへ

クリスマスの午後、娘のオムツを替えているとき、足の付け根のちょっと上が、ボコッと膨らんでいるのに気づきました。それまでなかったので気になったのですが、熱を計っても平熱だし、食欲も排泄もいつも通りで、本人も、ご機嫌だったので、大丈夫かなと思ってました。

翌日の朝になったら、元に戻ってて、ほらね、何ともないじゃない、と思ったんですけども、また午後になったらボコッとでてきました。Edがネットで調べて、Hernia(ヘルニア)じゃないかと言い始め、27日の午前中に予約を取って主治医のDr.Gに診てもらうことになりました。

Dr.Gの診断は、Inguinal Hernia(鼠径ヘルニア)と思われる、とのことで、小児外科の専門医に診せた方がよいと、SWEDISHのドクターを紹介されました。

Dr.Gから、もし、鼠径ヘルニアだったら、腹膜に穴が開いていて、腸か卵巣が飛び出てる状態なので、手術が必要になると説明があったので、すぐにSWEDISHに駆け込みたかったんですけども・・・。ここがアメリカのめんどくさいところ。まず、紹介されたドクターにかかった場合、保険でカバーされるのかを確認しなくてはいけません。



RIMG3326.JPG一旦、家に戻り、保険の確認をして、SWEDISHに予約を入れようとしたら、そのドクターが、しばらくお休みで年内に予約を入れられないことが判明。違うドクターを紹介されて、また保険に確認して、予約を取りました。ラッキーなことに、その日の午後に予約が取れて、シアトルダウンタウンのSWEDISHまで急行。

初めて車でSWEDISHに行ったのですが、シアトルダウンタウンにあるからでしょうか、駐車料金を取られるのにビックリ・・・。ハイラインなんて、タダなのに・・・。

現れたDr.Wは、凄く優しそうな素敵な先生でした。触診をして、すぐに、腸か卵巣かは分からないけど、鼠径ヘルニアで間違いないでしょう、自然治癒はしないので、手術が必要です、と言われちゃいました(涙)

初めて知りましたが、鼠径ヘルニアって、乳幼児にはよくあるそうです。(20人に1人くらいだそうです)男の子に多いらしいんですけどね・・・。乳幼児の場合、先天的なものだそうですが、妊娠時の過ごし方によるってものでもないみたいです。最初、自分のせいかと思っちゃいました。
手術って言われて思わず涙ぐんでしまった私に、かなり簡単でリスクの少ない手術で、痕もほとんど分からなくなるし、その後の成長にも影響はないから、心配することはないんですよ、と、Dr.Wが、懇切丁寧に手術の方法などを説明してくれました。

でもねえ・・・そうは言っても、やっぱり、たった3ヶ月未満で全身麻酔されて体にメスを入れられるとは、可哀想で。手術そのものだけでなく、麻酔利用も心配だし。症状が出てるのは右なんですが、左側も同じようになることがあるらしく、左も切られるそうです。

RIMG3348.jpg娘の場合、ボコッと出てる以外は異常がないので、緊急性はないとのことで、もう少し成長するのを待って、来月下旬に手術することになりました。
1泊入院のスケジュールを決め、同意書にサインをして、手術に当たっての注意事項などの書類一式を渡されました。

はー・・・。無事に産まれてきてくれたと喜んだのも束の間、健康に育てるって、ほんと大変なことなのね、と改めて思いました。

efd5de18.jpg娘はこんな風に元気いっぱいなので、手術が必要っていうのが、何だか信じられませんが、とにかく、いっぱいお乳を飲ませて、手術までに大きく
するぞー!と誓ったのでした。

Edも意気消沈しちゃってましたが、こういうことがあると、突然、父親だって意識が育つのですかね、妙に張り切って、今までとは比べ物にならないくらい、オムツ替えしたり、率先してあやしたり、色々やってくれてます(笑)

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
 
PR

No Title
ZIZIさん!それはびっくりですよね><
私まで涙ぐんでしまいました・・・
無事に手術が終わりますように!!
私の妹が赤ちゃんの頃、脚の付け根がぽこっとしていた記憶があります。6歳離れているので子供の頃の記憶が残っているのですが、妹は手術することなく大きくなるにつれて自然に治ったような・・・
ZIZIさんのべびちゃんとはまた違うなにかだったのかなぁと思いました。
サウスセンターモール、うちも割りと近くです:)
チョコレートファウンテンに惹かれました。笑
それではご家族健康でよいお年をお迎え下さい。
Re:No Title
mihaさん、優しいお気持ちありがとうございます(;_;)
妹さんは自然治癒だったんですね。もしかしたら、hydrocele(陰嚢水種)かもです。そちらは自然治癒もあるみたいで、そっちだといいなあって思ってたんですが、違ってました。
でも、早く見つかってよかったとも言われたので、前向きに考えます。
もしかして、mihaさんとはお家が近いのかしら!?チョコレートファウンテン、マシュマロとかつけてると、何となくテンションあがります(笑)
mihaさんも良い年末年始をお過ごしくださいね!
【 管理人ZIZI 2011/12/30 14:42】
No Title
ああ・・・それは、すごく、不安だったでしょう。。
自分が代わってあげられたら・・って思うよね・・・。
でも、すぐに気づいて、良かったね。
大丈夫、小さいうちに治してあげられるんだもの。
成長とともに、絶対強くなるよ!!そう信じる。
親の心配は子供に伝わるというし、
気を強く持って、手術までにいっぱい抱っこして
愛情たっぷり注いであげたら、もう、
100万馬力だよ。
ママになったことのない私には分からないこともあるので、
勝手な感じだったらごめんね。

でも、祈ってます。
来月末の手術が無事に終わって、
その後また、いつも通りにこにこ笑う日がくるのを。
Re:No Title
masakingさん、ありがとうございます~(;_;)
そんなに深刻になるものじゃないって分かっても、やっぱり、初めてだし、不安でした・・・。でも、masakingさんの仰る通り、親の心配は子供に伝わるんですよね。昨日はもう心配で心配で、そしたら、娘もぐずりまくりでした。なので、やっぱり前向きにいかないとな、と思いましたよ~。私も生後3ヶ月くらいで、重い手術をしたらしく、日本の母には、それに比べたらどってことないわよっと一蹴されちゃいました(笑)私も今、全然普通なんで、大丈夫だと信じます!
【 管理人ZIZI 2011/12/30 14:48】
No Title
ziziさーん、今前に送信したけど、送れなかったコメントが送れたよ!やっぱり私とziziさんの通信が前は何かの理由で駄目だったんだね。
そうそう、娘ちゃん、まだ小さいのに不安になるのはよくわかるよ。私も次男が4−5歳?ぐらいの時、右側のたまたまがすっごく腫れちゃってびっくりして病院行ったら陰嚢水腫でした。手術した方がいいって言われた時は、まだ小さいのに全身麻酔〜〜??!!って思ってすごく心配だったなあ。でもね、手術日決めたのに、治っちゃったの。で、手術をキャンセルしたら、また少しして腫れた。その繰り返しを2回ほど。手術するなら日本にいる時の方が言葉もわかるし、したかったんだけど、手術直前になって治ったの(笑)結局アメリカに渡米し、次膨らんだら手術だなって思ったら、それから一回も膨らんでないので、自然治癒したみたいです。
でも私もやっぱり手術って言われた時にはお医者様から簡単な手術だし、珍しい病気でもないので大丈夫ですって言われました。娘ちゃんの笑顔、可愛いですね〜〜。
もうすぐ年が明けますね。今年は娘ちゃんと3人、良いお年を迎えてくださいね!
Re:No Title
mimikurinさん、やっぱり何かおかしかったんですね~。なんだろう!?
息子さん、陰嚢水腫だったんですね!陰嚢水腫でも、手術が必要なこともあるんですね。mimikurinさん、何度も出たり引っ込んだりで心配だったでしょうね(;_;)でも、自然治癒で良かった~。ヘルニアは自然治癒はないそうなんで、腹を括って(お医者に言わせるとそこまで深刻にならなくていいらしいですけど・・・)、手術に臨みたいと思います。受けるのは私じゃないけど・・・。mimikurinさんも素敵な年末年始をお過ごしください♪
【 管理人ZIZI 2011/12/31 08:02】
No Title
ちょっとした変化でも「あれ?」って思うのに、手術なんて言われたらビックリしちゃうよね。
それにしても、ほんっとにアメリカの医療システムは使えないね。被保険者や被扶養者の為にあるのに、保険会社にとって都合の良い様に作られてるんじゃ意味がない。すぐに診てもらいたい時に、いちいち保険の内容を確認したくないよね。
Re:No Title
shokoさん、ほんとね、手術って言葉はショックだったよー。何せ、物心ついてからは、私自身が手術なんて受けたことないし。
保険はほんっと訳が分からないよね。大体、なんで、同じ病院で医者によって保険が適用される場合とされない場合があるんだろう!?最近は、請求書も信用できなくて(何度かトラブルがあったの)、いちいち確認しなきゃいけないのも、めんどくさいよ。
【 管理人ZIZI 2011/12/31 08:14】
No Title
なんと声をかければいいのか…お辛い気持ち、察します。
まだまだこんなに小さい赤ちゃんですものね。
でも早く気付いてよかったですね。
来月下旬ならもう少し大きくなっているでしょうし。
無事手術が終わりますように☆
Re:No Title
sofiaさん、ありがとうございます~(;_;)
最初は、なんでうちの子が!?とやっぱり思っちゃったんですけど、sofiaさんが仰るように、早く気づいて、早く診てもらえてよかったって、思います。泣くと飛び出てきちゃうみたいなので、なるべく泣かせないように頑張ります~。
【 管理人ZIZI 2011/12/31 08:30】
すべてがうまくいきますように。。。
ZIZIさん 本当に ショックだと思うし 不安、心配だと思います。 生まれたての赤ちゃんが 手術をすると聞くと 胸が痛みます。でも 早くきずいてよかったですね。。。
私の娘も NICUに送られた時 骨髄に針をいれたり 色々な検査して 私は 心配で たまらなかった事を覚えてます。でも 私が 不安になると赤ちゃんにも伝わるので 赤ちゃんの前では 泣かないようにしたけど 辛かったですね。。。。

来月の手術がうまくいきますように 祈ってます。。。良い年末年始をお過ごしください
Re:すべてがうまくいきますように。。。
ゆめさん、ありがとうございます(;_;)
ゆめさんのお嬢さんは、もっと大変だったんですね・・・。しかも産まれたばかりで、ゆめさんは、もっと辛かったでしょうね。色んな人に、ヘルニアは大したことないって言われたので、早く見つかってよかったと思って、前向きに考えたいと思います!
ゆめさんも、ご家族で素敵な初新年をお迎えくださいね~。良いお年を!
【 管理人ZIZI 2012/01/01 11:21】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne