忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Little Fockers

ベン・スティラー最高!!!

と言いたいところでしたが、Little Fockersはちょっと期待外れで残念でした・・・
やっぱりシリーズ物は第1作を超えられないというジンクスを破れないのかもしれません。

ズーランダーでベン・スティラーのファンになったのですが、Meet the Parentsは彼の色々な作品の中でも大好きな作品の一つです。
2作目のMeet the Fockersも、1作目よりはちょっとお下品でやりすぎかも・・・っていう感じではありましたが、爆笑続きで、あったかい気持ちになるシーンもあって、結構好きでした。

まさか3作目がつくられるとは思っていなかったので、期待しすぎちゃったかな~。
1・2作の主要メンバー勢揃い(オーウェン・ウィルソンも露出度高め)+ジェシカ・アルバにハーヴェイ・カイテルまで出ています。
ロバート・デ・ニーロとダスティン・ホフマンはじめ、豪華メンバーがおバカすぎるおふざけをしまくるのが楽しい映画なのですが、今回は、面白さも中途半端、ストーリーも中途半端なような。
うーん、キャストが豪華なだけに、とっても残念。
4作目も計画されているみたいなので、できれば1作目のような爆笑+感動を再び見せてほしいものです。
あとは、ズ―ランダーの第2作目も検討中(しかもレディ・ガガが出るかもとのこと!?)とのことで、そちらも期待。

今日は、これまで少しずつ準備していたAdjustment of Status、Employment Authorization、Advance Parole の書類一式の取りまとめと最終チェックをして、送ることができる状態にしました。
K-1ビザ申請も本当にうんざりすることの連続だったのですが、K-1の方がイギリスからも書類を取り寄せたりとめんどくさかったし、働きながら準備していたから大変だったのだと思っていましたが、お役所関連書類を書くこと自体が億劫だということがよくわかりました(笑)

今回の方が書類の数もエビデンスも少ないし、楽な筈なのに、ストレスのかかり具合は全く同じ。
途中でEdとも言い合いになったりして、若干険悪な雰囲気に。
不機嫌になってしまった私の気を紛らそうと思ったのか、Edが映画と夕飯に連れて行ってくれたのでした。



RIMG0961.JPG夕飯は、近くのタイ料理を中心としたアジアンレストラン。
初めて行きましたが、雰囲気は悪くなかったし、味も悪くなかったです。
パッタイも良かったですが、特に写真奥のsnow peaの炒め物が美味しかった。ただ、空いてる割にはサービスがそんなに良くないかもしれません。
RIMG0960.JPG
私は運転しないので、久しぶりにビールも飲んじゃいました。シンハーの方がこくがある気がして味は好きなのですが、チャーンのラベルが好きなのと、タイに遊びに行ったときに飲みまくっていた思い出があるので、チャーンがあるとつい頼んでしまいます。チャーンも美味しいですしね。水みたいに飲めちゃいますが、久しぶりだったので美味しかった!
 
良かったらお願いします!

 にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne