忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kurumi Conleyさんの作品

東京で暮らしていた間、ギャラリー巡りが大好きでした。
荻窪の「銀花」さん、駒場の「うつわやParty」さん、新高円寺の「ギャラリー工」さんが特に大好きでした。
実家の近くでも、工房からの風という、全国から様々な分野の作家さんが集まって展示とワークショップを行う結構有名なイベントが毎年行われているので、必ず行っていました。

どんなアートでも言えますが、写真で見るのと実物で見るのって、やっぱりちょっと違うんですよね(それはスポーツも一緒ですね・・・)。なので、ネット上で見ているだけでなく、ギャラリーに行って、直接作家さんの作品を見たり、作家さんやギャラリーのオーナーさんとお話したりすると、色んな発見や感動があって凄く楽しいのです。
しかも、そうやってちょっとずつ集めた作品(ほとんどは食器なのです)を使って生活していると、どんなに生活が荒んでも、心は豊か、みたいな気分に(笑)

ブログ村に参加されているポートランド在住のガラス作家Kurumi Conleyさんの作品を初めて見たときも、「この作品、絶対に実物を見てみたい!!」と思いました。

そしたらなんと、今日からダウンタウンのartXchangeで個展があるというではないですか!
しかも、初日にはご本人もいらっしゃるという。
これは行かない手はありません。
丁度、この日は元々、シアトル中央図書館→westlakeにある銀行で用事を済ます→Edと会社の近くでランチ→諸々買い物→Edと再度落ち会って夕飯→帰宅途中に遅くまで開いている郵便局に行く、という予定を立てていたので、夕方に時間をつくって行くのは十分可能!

17時過ぎに、International District st.から、歩いて会場のartXchangeへ向かいます。初めて足を踏み入れるエリアですが、近づくにつれて、ギャラリーやアンティーク、家具のお店などが続きます。
うわー、ここってシアトルのギャラリーエリア?とわくわくが高まりました。




artXchangeは、ガラス張りで、外からも作品が見えます。やっぱり、Kurumiさんの作品が真っ先に目に入ってきました。中を見ると結構人がいて、談笑しています。

人見知りかつ小心者なので、若干緊張しながら入ると、Kurumiさんの作品らしきエリアが入ってすぐにあり、子供のように夢中になってしまいました。やっぱり、実物は、いいです。
Kurumiさんにもお会いすることができ、ブログで写真を拝見していましたが、写真以上に別嬪さんで、しかも気さくに話してくださり、短いながら、楽しい時間を過ごせました。

私は、作品を見て、自分が使っているイメージや自分の部屋にあるイメージが頭に浮かぶと、手に入れたくなってしまいます。Kurumiさんの作品も購入可とのことだったので、一目惚れした作品の中で、想定していた金額に収まる分だけ頂くことにしました。
本当は、あれもこれも欲しかったのですが(>_<)、いかんせん、現在は無収入の身、しかも昼間にグリーンカード申請費用($1,070)を支払ってきたばかり…残念ながら全部は無理でした・・・特にミニチュア椅子と大皿・・・

030.JPG頂いた作品はこの2つの豆皿(?)です。
見た瞬間、金平糖か、二人静か、小さいお菓子をのせて、持っている薄張りグラスに冷たい緑茶もしくは清水焼の湯のみに温かいほうじ茶を入れてお茶をする、というイメージが湧いたんです。

以前、とあるギャラリーのオーナーさんに、ガラスの器に「涼」を感じるのは日本人ならではの感性なんですよ、と言われました。だから、日本では、夏にガラスの器を良く使うでしょう、と。確かに、夏だからガラスを使う、という発想は海外ではあまりないかも。

Kurumiさんの作品は、ガラスなんですけど、なぜかあたたかいイメージもあります。ぽてっとした質感と色遣いのせいでしょうか。でも一方で、「涼」を呼ぶこともできると思うのです。凄く不思議。

ガラスに異なる色の釉薬(?)がかかっているのも、色味を複雑にしています。しかも、色合いが、パープルとかブルーとかではなく、紅藤色とか、秘色色とか、和名で呼びたくなる雰囲気があります。美しい色合いです。
写真の容量制限が512KBまでのため、ちゃんとお伝えすることができないのが残念ですが。

また私の宝物が増えました。
Edに、紫色の方をプレゼントして!と言われましたが、これは、私の宝物です(笑)



良かったら押してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

ありがとうございました
昨日はギャラリーまで来て下さって本当にありがとうございました。ZIZIさんはお洒落な都会の女性の雰囲気を醸し出したはって、さすが東京から来はった方やわあ〜。私16年もオレゴンに住んでるもんで,土着化しつつあります。。。手土産にもって来て下さったあのチョコレート家族で美味しく頂きました!
話し飛びますけど、グリーンカード申請料高くなりましたねっ!うは〜それは大きな出費でしたね。ご苦労さんです。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
ありがとうございました。
Re:ありがとうございました
いえいえ、滅相もないです(>_<)
東京で9年近く働いていたのに、お洒落な場所とか最後まで緊張してました…
新橋の赤提灯が一番落ち着くかも、という性質です(笑)
今は、シアトルのダウンタウンに行くと緊張してしまいます。
くるみさんは、想像どおりの素敵な方で、やっぱり、作品に人柄ってでるもんだなあ、と妙に納得でした。
こちらこそ、素敵な作品をありがとうございました!大事にします。
またお会いできると嬉しいです。
そうなんです、グリーンカード申請料、最近値上げしたようです(泣)
就労許可とアドバンスパロールの費用は同時に申請すれば無料になったので、もしかすると若干安くなってるのかもですが…でも高い!
実は、K1ビザも、面談予定日までの間に値上げをされて、追加料金を要求されたという痛い目に合ってます…大使館の都合で予定日を先に延ばされたので、不条理でした(笑)
国際結婚、ほんとお金がかかりますね。婚約指輪をもらったので、申請料金は私が出すことにしたのですが、それにしても高いです!
【 管理人ZIZI 2011/01/08 15:07】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne