忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スタバ1号店でSpecial Reserveを買ったのに

RIMG2286.JPGこれまた友人Nが滞在していた時のこと。
ベタだけど、パイクプレイスマーケットの向かいにあるスタバ1号店をやっぱり見たいと言うので、久しぶりに行ってきました。
相変わらず凄い人!お店の写真を撮ろうとしても、大勢の人しか写らない(笑)

1号店なので、物凄く狭いんですよね。狭い所にお客さんがひしめきあっているので、誘導係がちゃんといるのに驚きました。

RIMG2359.JPG特に買い物をするつもりはなかったのですが、目の前に、「Pike Place -Special Reserve- 」と書かれたコーヒー豆が山積みされていて、1号店でしか買えない、というので、衝動買い。

以前、シアトルでしか買えなかったPike Place Blendがなくなり、代わりに、Pike Place Roast(パイクプレイスブレンドとは別物のようです)が、世界中で売り出されたのを知って(スペイン滞在中に知りました・・・)、お土産にできない!とガッカリしたので、また、スペシャルコーヒーが出たのは、嬉しいです。

さすが、スペシャルリザーブされた豆と銘打つだけあって、深みがあるけど飲みやすい、美味しいコーヒーです。
友人Nも、喜んでお土産に買ったのですが、なんと、スタバの日本進出15周年を記念して(もう15周年なんだ!とビックリ)、期間限定ではあるそうですが、銀座の6店舗で売り出されているらしい、と、今日、連絡がありました。
さすが日本、と言えばいいのか・・・。ただし、日本では2,000円もするらしく(こちらでは、税込で$10くらい)、買えないけどね~と笑ってましたが。
キャピトルヒルにできた、新しいコンセプトのお店も、いいなぁと思っていたのですが、銀座に似たようなお店ができているそうです。

そうそう、このスペシャルリザーブ、1号店のみで買えるとお店の人が言っていたのに、1号店のすぐ近くにある、1st & Pike店でも売ってました。そちらの方が混んでません。でも、このお店、1号店と間違えそうな紛らわしい外観な気がする・・・。

応援クリック頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

28年の貫録!ETG Coffee

RIMG2265.JPG先月、日本から来ていた友人Nに、お気に入りの街であるFremont(フリーモント)を案内しているとき、以前から気になっていた、ETG Coffee(Espresso to Goの略だそうです)という小さなカフェに行ってみました。

カウンターとカウンターの前にお客さんが1~2人立てるスペース、小さいコンディメントスペース、それから、椅子2脚+テーブル1つ(あとは外に椅子が3脚のみ)、という見落としそうなくらい小さいカフェなのですが、お客さんがよく並んでるのです。
入ってみると、もう、内装がすごーく好み!!
RIMG2260.JPG上の写真の黒板の後ろにあるのは、アンティークのレジですが、使われています。(計算だけ、計算機利用)

友人Nと二人でテンションあがってしまいました。こういうとき、好みの似ている女友達といると楽しいです。ドリンクを受け取って外で飲みながら、お客さんが途切れるのを待って、店主の女性に、ブログで紹介してもよいかと、話しかけました。
RIMG2261.JPG←猿好きの私の目を釘付けにしたアンティーク。

店主の女性は可愛らしい感じなのですが、喋ると、肝っ玉母さん風。「ブログ?写真?どうぞどうぞ!でも、あまり近寄ったりアップで撮ってはダメ。天井とか煤けてるから。そろそろ掃除が必要なのよ!」って(笑)

何でも、カフェを開きたいという人が世界中からやってきて、写真を細部まで撮らせてほしいと頼まれることはしょっちゅうだそうです。
「先月もね、アイルランドから来たという人が、アイルランドでこういうカフェを開きたいって言うのよ。写真をバンバン撮ってたわ。真似されても気にしないのよ。勝手にしたら、って感じ。私はここで20年以上カフェをやってて、ここしか知らないし。ライバルも何もないしね。」

丁度訪ねた時は、もうすぐ22歳の誕生日よ、この店。って言ってましたが、さすがの貫録!!Nと二人で、女店主のファンになっちゃいました。
※後でHP見たら、28歳でした!記憶違いか聞き違いしちゃったみたいです(*_*; 



パリの香りがするカフェ

先週、延ばし延ばしにしていた検査を受けるために、1ヶ月ぶりくらいにダウンタウンのスウェディッシュ・メディカル・センターへ行っていました。最近、KOKOが、たまになら、5~6時間はお留守番ができるようになったので、ついでにダウンタウンを歩いたり、息抜きをしてきました。

実は、その前日、物凄く腹が立つことがあって、Edと大喧嘩をしまして、朝になってもめちゃくちゃ不機嫌でした。一応、付き合い始めの頃からの約束で、私達の間には、「喧嘩したまま電話を切らない、立ち去らない」というルールがあるのですが、どうにも腹立ちが収まらず。一緒にダウンタウンへ向かう途中、Edが機嫌を取ろうと一所懸命で、挙句の果てに、「ダウンタウンで美味しいもの食べなよ」ってお小遣いを渡され、ちょっとバカバカしくなって、笑ってしまいました・・・。

そんな訳で、機嫌を直し、お小遣いはちゃんともらって(笑)、Belle Epicurianというカフェに行くことにしました。以前ご紹介した、Caffe Miglioreの斜め向かいにある、Fairmont Hotelの1階に位置する、ベーカリーカフェです。(HP:www.belleepicurean.com/)
5238c654.JPG ここは、1度だけ行ったことがあって、割と美味しかったのですが、ペイストリー類の値段が$3.80前後で、高いなあという印象が強くて、その後、足を向けていませんでした。名前の通り、フレンチベーカリーです。
←微妙ではありますが、多分、パリのカフェを意識したんだろうなぁという内装。

Fremontの豚にWallingfordのベルベット

日曜日、グリーンレイクにわざわざ行くなら、Fremot(フリーモント)のサンデーマーケットに行きたい、とEdに頼んで、途中で寄ってもらいました。N.34h St.を歩行者天国っぽくして開かれるフリーマーケットみたいなものです。同じく日曜日に近くのBallard(バラード)ではファーマーズマーケットが開かれているので、住み分けしているんでしょうか。こちらのサンデーマーケットは、食べ物の屋台や、アンティーク、クラフト製品、楽器(!)、ジュエリーなどなど、色々あって、冷やかしてるだけでも楽しいです。
RIMG2073.JPGこの日、普段はダウンタウンの2nd AveとPike St.の間で商売している、Maximus Minimusという移動屋台が出店しているというので、買いに行きました。(HP:maximus-minimus.com/index.htm)
←これが、移動屋台の豚!見た目がもう素敵(笑)
移動中はサングラスは外すのかしら・・・
RIMG2075.JPG
売っているのは、ポークのバーガー、ベジサンドウィッチ、チキンサンドウィッチ、なぜかBeecher'sのマカロニチーズにお店特製ソースをかけたもの、ドリンクです。やっぱり、店名がついた豚かな、と、Maximusというスパイシーなバーガーと、付け合わせにマスタード入りのコールスローを頼みました。BBQソースのような味付けのポークとコリアンダーがたっぷり・・・。実は、私、コリアンダー、苦手なので、Edに全部あげましたが、結構美味しかったです。付け合わせのコールスローはとっても好みでした。水持参でドリンクは頼まなかったのですが、ジンジャーレモネードやハイビスカスネクターなどが、美味しそうでした。

この後、急にラテが飲みたくなり、前から行きたかったUptown Espressoが、近くのWallingfordにあることを思い出し、Wallingford(ウォーリンフォード)にも寄ってもらうことに。


カフェラテにはうるさい私のお気に入りカフェ

2ee89b74.JPGシアトルと言えば、カフェ!
スターバックス、タリーズ、シアトルズベストなど、日本でもおなじみのチェーン店以外に、インディペンデント系のカフェがあちこちにあるのは、ご承知のとおりです。
まだ試したいカフェも色々あるのですが、今回は、現時点でかなり気に入っているカフェをご紹介します。シアトル中央図書館近くにある、Caffe Migliore(www.caffemigliore.com/)です。

カフェラテにはうるさい、と書きましたが、残念ながら、イタリアには行ったことがないので、本当のCaffe Latte(カフェラッテ)は分かりません。あくまで、アメリカ式カフェラテ、ということで。

両親がコーヒー好きで、喫茶店文化の浸透している名古屋で育ったので、小学生くらいから、ドリップコーヒーが大好きです。添加物やインスタント食品にうるさかった母が、なぜ子どもにコーヒーを飲ませて平気だったのかは未だに謎ですが、姉弟3人ともコーヒー好きに育ちました。弟に至っては、焙煎機まで購入して、今では自分で生豆から焙煎しております。
私は、大学在学中に初めて行ったアメリカで、スタバに感動して、丁度日本に上陸したばかりのスタバでバイト→フリーターで2年以上働いたかな。ラテアートなんかはできないですが、自分としてはかなり拘ってドリンクを作っていたので(ご指名も頂いてたんですよ~)、自分より下手なバリスタがいるカフェはイヤ、と思っているところがあります(笑)


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne