忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ALLSAINTS SPITALFIELDS

今週は、晴れ間もほとんど出なくて、欝々とする週でした。
仕事の関係やらビザの関係やらで、秋が終わる頃にシアトルに来ることは動かせず、シアトルの冬の憂鬱さについて覚悟はしていたつもりですが、それでもやっぱり天気が感情に与える影響って大きいと思わざるをえません。

アラスカに初めて行った年は、真冬の日照時間が6時間を切ることもあって、日中に大学の授業が詰まっていると、「あぁ、今日もまた太陽を見なかった!」ということもしょっちゅうでした。太陽を見ないと、どんどん鬱っぽくなっていくんです。その時に初めて、太陽の偉大さを知りました。
冬になると、殺人事件やおかしな騒動が増えたという印象がありましたし。
その後、イギリスの北部に行ったとき、ヨーロッパ人がちょっとの晴れ間でもすぐに庭で日光浴をしたがる気分が、少し分かったものです(笑)

それで、シアトル。アラスカに比べたら日照時間は長いので大丈夫だと思っていましたが、やっぱり10年のブランクは大きいのか、意外とダメです(笑)
なので、基本的に時間はいっぱいあるし、最近、機会を見つけて、なるべく出かけたりするようにしています。

a33a722d.jpg当面の目的は、シアトルダウンタウンを迷わず歩けるようになることで、散歩に勤しんでいます。だいぶ、中心部なら地図無しでも歩けるようになってきました。気を付けて歩いていると、結構あちこちに感じのよいお店なども見つかり、楽しくなってきたところです。

特にセンスがいいという訳でも、毎年流行を追いかけるタイプでもないのですが、お洋服が大好きです。
先週、今まで聞いたことのないお店を見つけて、嬉しくなりました。
お店の名前は、ALLSAINTS SPITALFIELDSです。
 




日本にいたときも聞いたことのないお店だったのですが、店構えの雰囲気が気になって中に入ってみると、ややロック調で、ともすると30代も半ばを過ぎた私には若すぎるかもしれませんが、探せば、好みのデザインで着れそうなものも結構あります!これは当たりかも!でも、70%オフの割には高めのものもあるかな。

あれこれ物色しているうちに、ちょっと妙な気がしました。サイズレンジが、6~14なのです。
あれ?ファイナルセールだし、6より下って売り切れたのかな?と一瞬思ったのですが、商品を見ると、私に丁度良さそうなサイズは、8なのです。
試着ついでにお店の人に聞いてみたら、イギリスブランドなので、イギリスのサイズとのことでした。
「これ、混乱するわよね~」とお店の人。なるほど。道理で、定価だと結構なお値段がする訳です。

それにしても、元々イギリスデザインは好きなのですが、知らずに入ったところもイギリスとは・・・。アメリカのブランドじゃなくて残念!ご興味ありましたら、オンラインショップもありましたので、見てみてください。www.us.allsaints.com/ HPもカッコ良いです。

しかも、名前も何となくカッコいい印象!いまいち意味がわからないけど!
で、調べてみたら、Spital は、古語でHospitalという意味みたい。Spital(Hospital) Fieldsだなんて、なんとなく墓地を思わせる言葉(あくまでも印象ですが)。聖人達の眠る場所、とかそういう意味なのかなあ、なんて妄想していましたが、調べてみたら、元々はALLSAINTSだったのを、ブランドリニューアルでかつての所在地であったロンドンのSpitalfieldsの名前を後ろに付けただけでした!なーんだ、ただの土地名か~。saks fifth avenueみたいなノリですね。
あ、でも、Spitalfieldsは、大昔は墓地だったみたいで、ちょっと、おぉ!って思いましたけど、良く考えたら、イギリスはどこもかしこも墓地だった可能性は高いですからね・・・(イギリス、結構ゴーストツアーをやってる街が多かったです。)

HPを見ると、全米で9都市にしかお店を出していません。シアトルにあるって凄いかも!
そういえば、日本に上陸して大人気のアバクロのお兄(姉)さんラインRUEHL No.925も、路面店がほとんどないのに、ポートランドに一時期お店がありましたね。なくなっちゃってショックなんですが。

ALLSAINTS SPITALFIELDS、調べてみたら、日本でも、セレクトショップなんかでは扱っているみたいです!私はセールじゃないと買えないけど(笑)、要注目かも。

よろしければ、お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne