忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お気に入り絵本⑧ 絵を楽しむ

我が家は、読み聞かせに関しては、英語の本はEdが担当、日本語の本は私が担当、と、読む本を分担しています。英語版と日本語版の両方が手に入る絵本は、できれば両方を揃えたいのですが、現実的には、難しい。

有名な「はらぺこあおむし」のように、英語と日本語の両方が載っている絵本がもっとあるといいんですけれども・・・。


ある日、自分の本棚を眺めていて、Jeannie Bakerの「Home」に目が留まり、「ああ、文章のない絵本なら、3人で楽しめるな」って思いました。
PR

お気に入り絵本⑦ 触覚を楽しむ

今の時期の娘のお気に入り絵本、もう少し記録しておきます。

前回は、音を楽しむ絵本を紹介しましたが、今回は、触覚を楽しむ絵本です。
Virginia Allen JensenとDorcus Woodbury Hallerの「これなあに?」が、その絵本。

この絵本、私が子供の頃、幼稚園年長~小学校低学年くらいの時に、大好きだった絵本です。記憶がハッキリしないのですが、貸出図書ではなかったのか、図書館に行く度に、必ず手にしていた覚えがあります。


お気に入り絵本⑥ 美味しい擬音

もう1冊、擬音語が優れていて、私と娘が大好きな絵本が、こちら。
三宮麻由子さんの「おいしいおと」です。


ごはんを食べる、というだけのストーリーなのですが、こんなにワクワクするのは、ほんわりした綺麗なイラストもありますが、それ以上に、作者の音に対する感性が、前面に表れているからかも。

ホウレンソウのお浸しを食べる音を、「ズックズックズックズックズ」と表現するなんて、最初に目にしたときは、酷く衝撃を受けました。娘には、凄く面白い音のように感じるようで、すぐに真似をします。

正直、この本は、読むのが、凄く難しい!
幸い、我がプレイグループには、読み聞かせのプロのYNちゃんがいるので、お願いして、1度、プレイデートの時に読んでもらいました。その後は、YNちゃんの読み方を思い出しながら、だいぶ、上手に読めるようになってきました。

作者の三宮さんは、4歳で失明しているそうです。それまで見えていたものが、突然、断ち切られたため、音を聞いて世界を把握するのは、とても大変なことだと思います。その過程で研ぎ澄まされていった感性が、こういう美しい世界を創り出しているのでしょう。

この絵本に衝撃を受けて、思わず、三宮さんのエッセイを取り寄せました。
音に頼るしかなくなった彼女が、鳥と出会い、世界を体感していく過程が、美しい文章で表現されています。小さなときからお転婆だったという三宮さんの、明るく、積極的な姿勢に、心が洗われる気がしました。お勧めです。


最近、もう1冊、三宮さんのそうっとそうっとさわってみたのという絵本を、借りることができました。こちらも、娘の食いつきが凄い。

シロツメクサ、アカツメクサ、カラスのエンドウ、タンポポを、触ってどう感じたか、が表現されている絵本です。

KOKOの散歩に行くとき、毎日、アパート敷地内にあるトレイルを歩くのですが、何かを見つけては、そうっと触る自分の姿と重ねたのでしょうか。
何かよく分からないものを、恐る恐る触って、「あっ!」と思う瞬間が、よく表現されています。

散歩コースで、理由は不明ですが、何本か、娘が気に入っている木があり、必ず、「こんちわー!」「バイバーイ!」と挨拶をするのですが、この絵本を読んだ日に、そうっと木の肌に触っていたのが、印象的でした。

この2冊の絵本、どちらも、初出が、ちいさなかがくのともっていう月刊誌です。他にも、持っている絵本の中に、この雑誌が初出っていうのを見つけて、この雑誌、私の好みに合うのかも?って思いました。

お気に入り絵本⑤ 擬音語大好き

この1週間、家族で順々に風邪をひいてしまい、止めは昨夜からの大雪、で、丸1週間、お出かけをしませんでした。こんなの久しぶり!

KOKOの散歩には行ってたけど、室内での遊びが多かったので、「おかーさーん、ご本読んでー!!」と繰り返し頼まれることが多くなりました。絵本ブーム再来のようです。

比較的長いお話も、大人しく聞いてられるようになりましたが、まだまだ、シンプルなものが楽しいようです。そして、擬音語が多い本が、大好きです。


お気に入り絵本④ センスの良い仕掛け絵本

最近の娘のお気に入り絵本は、年末に訪ねてきてくれた弟からの、誕生日兼クリスマスプレゼントです。

ブルーノ・ムナーリの「たんじょうびのおくりもの」



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne