忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お気に入り絵本⑥ 美味しい擬音

もう1冊、擬音語が優れていて、私と娘が大好きな絵本が、こちら。
三宮麻由子さんの「おいしいおと」です。


ごはんを食べる、というだけのストーリーなのですが、こんなにワクワクするのは、ほんわりした綺麗なイラストもありますが、それ以上に、作者の音に対する感性が、前面に表れているからかも。

ホウレンソウのお浸しを食べる音を、「ズックズックズックズックズ」と表現するなんて、最初に目にしたときは、酷く衝撃を受けました。娘には、凄く面白い音のように感じるようで、すぐに真似をします。

正直、この本は、読むのが、凄く難しい!
幸い、我がプレイグループには、読み聞かせのプロのYNちゃんがいるので、お願いして、1度、プレイデートの時に読んでもらいました。その後は、YNちゃんの読み方を思い出しながら、だいぶ、上手に読めるようになってきました。

作者の三宮さんは、4歳で失明しているそうです。それまで見えていたものが、突然、断ち切られたため、音を聞いて世界を把握するのは、とても大変なことだと思います。その過程で研ぎ澄まされていった感性が、こういう美しい世界を創り出しているのでしょう。

この絵本に衝撃を受けて、思わず、三宮さんのエッセイを取り寄せました。
音に頼るしかなくなった彼女が、鳥と出会い、世界を体感していく過程が、美しい文章で表現されています。小さなときからお転婆だったという三宮さんの、明るく、積極的な姿勢に、心が洗われる気がしました。お勧めです。


最近、もう1冊、三宮さんのそうっとそうっとさわってみたのという絵本を、借りることができました。こちらも、娘の食いつきが凄い。

シロツメクサ、アカツメクサ、カラスのエンドウ、タンポポを、触ってどう感じたか、が表現されている絵本です。

KOKOの散歩に行くとき、毎日、アパート敷地内にあるトレイルを歩くのですが、何かを見つけては、そうっと触る自分の姿と重ねたのでしょうか。
何かよく分からないものを、恐る恐る触って、「あっ!」と思う瞬間が、よく表現されています。

散歩コースで、理由は不明ですが、何本か、娘が気に入っている木があり、必ず、「こんちわー!」「バイバーイ!」と挨拶をするのですが、この絵本を読んだ日に、そうっと木の肌に触っていたのが、印象的でした。

この2冊の絵本、どちらも、初出が、ちいさなかがくのともっていう月刊誌です。他にも、持っている絵本の中に、この雑誌が初出っていうのを見つけて、この雑誌、私の好みに合うのかも?って思いました。

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne