忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お気に入り絵本④ センスの良い仕掛け絵本

最近の娘のお気に入り絵本は、年末に訪ねてきてくれた弟からの、誕生日兼クリスマスプレゼントです。

ブルーノ・ムナーリの「たんじょうびのおくりもの」




ムナーリは、私が大好きなイタリアの作家、というか、アーティスト。どう表現していいのか分からないくらい、様々な活動をされています。

実は、私のハンドルネームは、ムナーリのおサルの人形、ZIZIからもらっています。プロフィール写真のおサルが、それです。ムナーリとの初めての出会いは、このおサルの人形でした。

確か、かなり前に、京都の恵文社で一目ぼれして購入したと思うのですが、以来、ムナーリに興味津々。

当時は、ムナーリ著作の日本語訳ってほとんど出てなくて、英語版を探したのですが、やはり数が少なく、唯一手に入れたのが、「Circus in the mist」です。その後、日本語版「きりのなかのサーカス」が出版されていますが、英語版は、もう、アメリカでは手に入れづらいようです。

この絵本は、私の宝物の一つ。
トレーシングペーパーで霧が表現され、トレーシングペーパーを通して、ぼんやりと次のページのイラストが浮き上がる仕組みは、本当に美しい。

手に入れたときは、このアイディアとデザインに、ガツンとやられた気分になって、かなり長い時間をかけて、ページを繰ったことを憶えています。
デザインの力って凄い、ということを、体感したというか。
絵本だけれど、大きくなるまで、娘には触らせないつもり・・・。


話が逸れましたが、「たんじょうびのおくりもの」は、そのムナーリが、愛息のために、1945年に作ったというシリーズ絵本の1冊です。英語版は絶版ですが、日本語訳は、2011年に初訳出だそうです。谷川俊太郎さんの訳って言うのも、ツボです。
戦時中の物資の乏しい中、手作りした絵本10冊のうち9冊が出版されています。残り1冊は、原画が行方不明だそうで、とっても残念。

お話もイラストも、とてもシンプル。
でも、色合いは美しく、冗談みたいな話の進め方と、その仕掛けが、捻ってるな~!という、かなり奥の深い絵本です。

娘は、大きさの異なるページを繰るのが楽しくて仕方ない、という感じ。最後にお父さんが家に帰ってくるシーンは大喜びで、何度も何度も扉を開けて、喜んでいます。

子供も喜び、大人の目から見てもセンスの良い、素敵な絵本です。
こんな絵本を作ってもらえた息子さん、物凄く幸せ者だな~と思います。

こちらのシリーズ1冊目ももらったのですが、「たんじょうびのおくりもの」の方が、ツボのようです。でも、こちらも、そうくるか、というオチと、美しいデザインが、凄いなって思います。娘は、今は、「これなにー?」と不思議そうに眺めていますが、もう少し大きくなったら、楽しめるのかな。



PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne