忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お気に入り絵本③

まだ旅行記の続きも書けていないのですが、どうしても記録しておきたいことがあるので、娘のお気に入り絵本を、またご紹介します。

今年の5月に日本へ里帰りした際、お友達のRちゃんが、娘にプレゼントしてくれた本です。





頂いた直後(1歳半)は、そんなに反応がよくなかったのですが、ヘリウム入りの風船をもらって、夢中になった時があって、その時に読んであげたら、すっかり気に入り、今では毎日読んでいます。

凄く面白いなと思ったのが、登場人物への感情移入の仕方です。

この絵本、最後の方に、ロンパーちゃんの風船が、大きな木まで飛ばされて、枝に引っかかって取れなくなり、ロンパーちゃんが泣いているシーンがあります。

そこで、まあ、私も、えーんえーん、って泣き真似をしながら読むんですけどね、ちょっと前まで、自分も一緒に泣いちゃってたんです。

初めて、一緒になって泣き始めたときは、ああ、感情移入というものができるのね、と、ビックリしたのですが、1週間くらい前に、また、変化がありました。

悲しい顔つきはするのですが、泣かなくなり、「ローちゃん、えーんえーん」って言うようになったのです。

つまり、ちょっと前までは、自分とロンパーちゃんの区別がつかずに泣いていたのが、今は、ロンパーちゃんが悲しいんだろうなと理解して、悲しい気持ちになっているのかな、と。

これ、丁度、お気に入り絵本①で紹介しましたが、自分のもの、他人のもの、という意識が確立してきたことと、連動しているのではないかと思います。

段々、自分と他者との区別が、持ち物だけでなく、感情というものに至るまであるのだ、と分かってきているんだな、ということが想像できました。

大人にとっては何気なくしていることでも、子供は、様々な経験を得てようやく獲得できる能力なんだ、ということが、よく分かりました。でも、たった2年足らずでそんなことまでできるようになるんだなー、という驚きも同時にありますね。

これだから、子育ては面白い!

酒井駒子さんの絵本は、私自身も好きで、他に何冊か持っていますが、娘は、この本が、ダントツにお気に入りです。人気の「よるくま」は持っていませんが、くまが大好きなので、お借りして、読んでみたのだけれど、イマイチ反応が悪かったです。

このロンパーちゃん、英語バージョンもあるので、そのうち手に入れて、Edに読んでもらおうと思ったのですが、主人公の名前がエミリーちゃんになっているので、微妙かな。
やっぱり、ロンパー(幼児服)は、名前として相応しくないってことなんでしょうかね。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne