忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手術から1週間

停電騒ぎでバタバタしてるうちに、娘の鼠径ヘルニア(Inguinal Hernia)手術からあっという間に1週間が経ちました。予後も順調で、娘は元気いっぱい!です。手術痕もみるみるくっついていき、赤ちゃんの細胞の活きのよさを感じます。

ヘルニアは、娘がそうだったように、右側に出ることが多いらしいのですが、生後すぐに症状が出る場合、多くの場合、症状が出ていない左側の腹膜にも穴が開いていることが多く、後から発症するそうです。そのため、Dr.Wには、今、左側には症状が出ていないけれども、左側も確かめることを勧められました。

正直、もしかしたら何ともないかもしれないのに、切るのはどうなんだろうって躊躇しました。Dr.Wも、症状の出ていない反対側も確認することについては、controversial(賛否両論)がある、と言ってました。
最終的には、今だったら手術痕もほとんど分からなくなるということ、また、全身麻酔で手術を受ける羽目になるよりは、今、確認して、症状があれば治してしまった方がいいのではないか、と、左側も確かめてもらうことにしました。

結果としては、娘の場合、左側も穴が開いていたそうで、確かめてもらって正解でした。右側は、飛び出ていたのは腸ではなく、卵巣だったそうで、早めに見つかって、治せてよかったと、Dr.Wに、術後に言われました。卵巣が捻じれちゃったりすると、壊死することもあるそうなので、心配がなくなってよかったです。

ただ、もし、左側が何ともなかったら、確認できたからよかった、と思えたかどうかは、微妙です。



手術は朝7時半からでした。8時40分にはDr.Wが戻ってきて、詳しい話をしてくれたので、麻酔導入部分を除けば、手術自体は1時間と、凄く早かったです。

赤ちゃんでも、手術前4時間は、食事をしてはいけないんです。娘は、今、大体3時間置きに授乳しているので、手術前に泣かれてしまいました。抱いてあやそうと思ったのですが、ナースから、お母さんは抱っこしないで!って言われちゃいました。

ミルクが欲しいのに、ミルクをくれる筈の人がくれないと、怒ってさらに泣いちゃうんだそうです。
RIMG3547.JPG
で、ナースがあやしてくれたら、すっかりご機嫌。
抱っこされながら、リラックスしちゃって、大あくびでした。

お母さんとしては、ちょっと淋しかった・・・。

その後も、心配で暗い顔をしている私とEdをよそに、別のナースに抱かれてニコニコしながら、手術室へ消えて行きました。

1歳以上だと、親が麻酔導入まで付き添えるのですが、1歳以下は必要ないからダメだそうで、待合室でお別れでした。

手術後、本来は、1人しか回復室に入れないらしいのですが、大雪で手術のキャンセルがあったのか、この日は、娘だけだったので、特別に私もEdも入れてもらうことができました。

回復室に入ったら、丁度目覚めて、お腹が空いてることに気づいたようで、物凄い不機嫌顔で怒ってました。麻酔で朦朧としている筈なのに、授乳を始めたら、凄い勢いでむしゃぶりついてきて(笑)、ナース達に、「凄く元気ねー。これなら、点滴はすぐに外せるわね」って笑われました!

麻酔の副作用もなく、本当によかったです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
PR

No Title
順調に回復してるみたいで、よかった。
しかも、腸じゃなくて卵巣だったなんて・・。
ホント、早く見つけて、早いうちに治療することができて
よかったよね。
これも、毎日ちゃんとお母さんであるZIZIちゃんが、
赤ちゃんと向き合ってる証拠だよね。

それにしても
人間の生命力の基本は、食べることなのね、と
そう思ってしまったよ(笑)

お腹がすいてたら、力が入らないもんねえ(笑)
次回検診の際には、無事に合格サインが出るよう祈ってます。
Re:No Title
masakingさん、ありがとうございます~!
卵巣、と聞いて、ひやっとしましたが、先生曰く、何も問題ないので大丈夫とのことでした。
私に似たのか、食べることに対する執着が凄い気が・・・^_^;
私達が食事してるときも、凄いジーッと見てるんですよ(笑)
でも、お陰で、点滴が最低限で済んでよかったです。点滴で、ウンチの色が変わって、ビックリしましたよー(笑)
【 管理人ZIZI 2012/01/29 13:43】
No Title
ZIZIさん、こんにちは♪
娘さんの手術が無事に終わったようで本当によかったですね!!
卵巣が出ているなんて、すごい響きでびっくりです><
早期発見、大切ですね・・・
お大事にどうぞ☆

下の記事ですが、わかります!
私も知らない人を家にあげるのはあまり気が進みません。
でも、家のシンクが故障して3~4回修理の人にきてもらいました^^; 家には私だけで、男性だったのでやっぱり不安でした。とても親切な人だったのでよかったですが。
そして気がつくと話す相手が夫だけってまさに私もそんな感じでしたよ~!なのでたまに他の人と話したりすると新鮮に感じたり。今は仕事を始めたので一気に話す相手が増えましたが、職場だけではなくZIZIさんに教えてもらったようにYOGAなどに通って新しい人脈を作るのもいいなって思っています:) お互いこれからきっとこちらでの生活が長いと思うので、焦らずマイペースで気楽に行きましょう~♪
Re:No Title
mihaさん、ありがとうございます!
お仕事で、きっと、毎日充実されてるでしょうね!!
普段、一人でも淋しいとか思わないのですが、時々、無性に誰かと話したくなるんですよね~。先日、普段なら絶対にしないのに、ドッグパークで知らない人に話しかけちゃいました(笑)子供がもうちょっと大きくなったら、子供を通じて色々人脈が広がるとは思うし、ずっと暮らしていかなくてはいけないので、mihaさんの仰るように、ボチボチやりたいと思います~。mihaさんはお仕事頑張ってくださいね♪
【 管理人ZIZI 2012/01/30 05:14】
良かったですね
病院では 両方 手術したのですね。 本当に 病院での選択 かなり迷ったと思います。でも 結果的には 両方してもらって 本当に良かったですね!

わー 赤ちゃんでも 手術の4時間前は 授乳は 駄目なのですね ”お母さんは抱っこしないで”っていわれるとちょっと寂しくなりますよね。。。 でも 看護婦さんが 娘さん抱っこして あくびまでして リラックスしてる姿を見るとお母さんも少し気が楽になったかな?

 
>>>大体3時間置きに授乳しているの
わー お疲れ様です。 3時間おきだと 夜中も起きないといけないので 本当に大変だと思います。 

手術後 元気に ミルクも飲めて 本当に良かったですね。 赤ちゃんの回復力はすごいと思います。 本当にお疲れ様でした。 
Re:良かったですね
ゆめさん、ありがとうございます!
そうなんです、迷ったんですが、両方一度に終わって良かったと思います。
赤ちゃんは、なぜミルクをもらえないか分からないから、ちょっと可哀想でした(;_;)
でも、手術終わった後、手術されたことにも気づいていないかのような元気っぷりにこっちがビックリです(笑)ほんとに回復力凄いですね!ゆめさんの娘さんも、元気いっぱいって感じですもんね。ナースが言ってたように、赤ちゃんって強いのかもです・・・。
【 管理人ZIZI 2012/01/30 05:18】
無題
娘ちゃん、何と手術してたんですねぇ。。;―;ママもパパも娘ちゃんも本当にお疲れさまでした〜><小さいのに良く頑張りましたよね!経過も良いようで本当に良かったです☆このまま何も問題なくスクスク成長していって欲しいですね〜!:)
Re:無題
くみさん、そうなんですよー・・・
元気に回復してくれて、ほんとに嬉しいです。次は、メディカルビルがどれくらいになるのかと、戦々恐々としています(笑)
【 管理人ZIZI 2012/02/09 11:30】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne