忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そこにいてくれるだけで

子育ては大変、って昨日書いた後、CT州Sandyhook小学校での銃撃事件について、知りました。

あまりに酷い事件で、映像を見るのは辛すぎます。

Edも、帰ってくるなり、凄い形相で、ニュース見た?と聞いてきて、ずっと怒っていました。

亡くなった子供達と先生達、お子さんを亡くした親御さん達、自分が死ぬかもという恐怖に直面し、友達を目の前で殺されたという辛い経験をした子供達、守るべき子供達を守れなかった先生達、それぞれのことを考えると、比喩ではなくて、胸が痛いです。

これまでも、学校での銃乱射事件や、一般市民が巻き込まれる事件が数多く起こっており、その度に銃規制についての議論が持ち上がっていると思いますが、しばらくすると、何事もなかったかのようになってしまう。

銃規制に関しては、色んな要素が絡み合っているので、簡単な問題ではないのですが、どうにかならないのか、と、もどかしい気持ちに襲われます。

子育ては大変だけど、でも、元気でそこにいてくれるだけで、この大変さはなんでもない、と娘の笑顔を見ながら思いました。この笑顔が、何の前触れもなく、突如、むごい形で失われたら、私だったら、どうなってしまうのか、想像することすら辛すぎます。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。



PR

無題
ああ、ZIZIちゃんのブログを読んだらまた涙が・・・。
今回の事件は、本当に胸が痛くなるよね。
私ももし双子ちゃんが突然命を落としたら、とちょっとでも
頭によぎっただけでもう気が狂いそうだもん。
実際に銃で倒れた子供たちの親御さんはやりきれないだろうと思うよ。
こういう時、自分の無力さを感じるんだろうね。
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
Re:無題
Jillさん、こういう無差別殺人は、どんな事件であってもやりきれないのですが、今回は、亡くなられた人数も多いうえ、ほとんどが小さな子供達だったことが、辛すぎますね。
もし、自分の子供や、身近にいる子供達がこんな目にあったら、立ち直ることができるのかどうか・・・。
【 管理人ZIZI 2012/12/17 05:21】
無題
今回の事件で命を亡くした方々やご遺族、生還した生徒や学校の関係者、そのご家族のことを考えると本当に胸が痛いです。クリスマス前で子供たちも楽しみにしていただろうに… 

政治的な観点から背景を見ると、やはり政府が銃規制に対して積極的に取り組まない姿勢を歯がゆく思っている人はたくさんいると思います。今回の事件も銃規制がなされていれば、ここまで多くの被害者は出なかったのではと思います。

ただライフル協会や猟銃愛好家の方達が根強く、銃規制に反対するということを考えると政府が二の足を踏む状況が長く続くのではと思います。

そして犯罪学や心理学的な観点から見ると、最後に自殺した犯人がどうして小学校での乱射を思いついたのか、彼の精神状態はどういうものだったのか、など考えるとあまりにも複雑な事件だと思います。

しかしながら、10年以上前のコロンバインや数年前のバージニア工大の乱射事件での被害者の数を考えると、何か学ぶこと、そして防止できることがあったのではないかと残念でなりません。

長々とすみません。被害者の方々のご冥福をお祈りします。
Re:無題
Mikoちゃん、色んな視点をありがとう。
銃規制をすることは、アメリカでは本当に難しいのだな、と改めて思いました。Sandyhook小学校のFBページに、禁止すべきか、銃で自分の身を守るべきか、という問いがあったのだけど、多くの人が、銃で自分の身を守るべき、を選択していて、愕然としてたところです・・・。
銃の所持に関しては、個人の自由、という、この国の根幹を支える考え方と密接に関わってくるからかもしれないけど、本当の自由とは何か、ということをもう一度考えた方がいいのではないかな、と思いました。何度も同じような事件が繰り返されているのだから、そこから学ぶべきだよね。そもそも、本当に銃があれば、大事な人の身を守れるのかな、と疑問に思うところもあるのです。
【 管理人ZIZI 2012/12/18 09:09】
無題
ZIZIさん、本当に悲惨な事件でしたね・・ 子供がいない私でも、突然子供を失った両親のことを考えると、涙が出てきます。銃が身近に、規制がされていない社会にいる限り、子供だけじゃなくていつだれがまたこういう事件を起こして失う人々がでるかわかりませんね。
テキサスの小さな町では教師を銃武装をさせる案件が通ったようです。銃社会で育たなかった私からすると、「だからそうじゃなくって・・」という感じなのですが、本当に悲しいけれど銃に向かうには銃しかないって思っている人がたくさんいるので銃の規制はこの国では難しいだろうなって思います。私としては一日でもはやく規制をして、同じ事件が何度も何度も繰り返さないで欲しいと思っています。
Re:無題
mihaさん、この事件は、誰にとっても辛すぎる事件ですね・・・。
petitionのサイト情報、ありがとうございました!私もサインしました。
銃で銃に対抗するだけじゃ、どうにもならないですよね。守れる場合もあるかもしれないけど、絶対に犠牲はでると思う。犯人を殺してお終い、というのも、違うと思うのです。
テキサスの件は、残念すぎます。そもそも、学校が、銃で人を殺す(かもしれない)ことを是として、子供達に示すことが、本当にいいのだろうか?と、凄く疑問。
この事件が、また、過去の事件と同じように風化せず、何らかの展開があることを、を切に願います。
【 管理人ZIZI 2012/12/18 16:39】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne