忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一夜限りのフィギュアスケート映画上映会 “RISE”

RISE.JPG台湾では、昨日から、日本選手も参加しているフィギュアスケートの四大陸選手権が始まりました。アメリカでは見ることができないので、インターネットのニュースと現地にいる友達からのレポートで我慢しています・・・

アメリカでは、昨夜、フィギュアスケート映画 “RISE” が、一夜限りで上映されると言うので、事前にチケットを予約して、近所の映画館に行ってまいりました。

この映画は、今から丁度50年前の1961年に、ベルギーで起こった悲劇の詳細と、志半ばで亡くなった選手達の希望や夢が、新しい世代に引き継がれ、Rise(高みに昇っていく)する様子が描かれています。
上の写真は、搭乗前の記念写真の印刷です。上映後に配られました。

私は(Edも)、全く知りませんでしたが、1961年2月15日、プラハで開かれる予定だったフィギュアスケート世界選手権に向けて、アメリカから飛び立った飛行機が、ベルギーで墜落、搭乗していた全米チャンピオンの選手総勢18名、トップコーチ6名、審査員や選手の家族など、総勢70名以上が亡くなったそうです。(この事故によって、1961年の世界選手権は中止)

映画は、亡くなった選手やコーチの生前の映像と、当時を知る関係者、家族、そして、事故の直後に設立されたメモリアル基金(現在もあります)によって援助を受け、アメリカに五輪メダルをもたらした選手達が、亡くなった方々や事故、アメリカのフィギュアスケート界への思いを語るというものでした。
古い映像は劣化もあって質が悪いのですが、それでも、亡くなった選手達の演技は、素晴らしいものでした。

映画は、9回も全米女王に輝き、その後、トップコーチとして活躍していたMaribel Vinson Owen(マリベル・ヴィンソン・オーウェン)と、その二人の娘で1961年の全米女王Laurence(ローレンス)と、ペアで優勝した(little)Maribel(母と同じ名前、マリベル)にスポットが当てられていました。マリベルコーチは、今のアメリカの伝説的コーチであるFrank Carrol(フランク・キャロル)のコーチでもありました。




フランク・キャロルコーチは、世界女王に9回輝いたミシェル・クワン選手や五輪男子金メダリストのエヴァン・ライサチェク選手をコーチしており、亡くなったオーウェン一家の思いを新世代へ継承した、ということを象徴する人物で、スポットライトが当てやすかったという面があったと思います。
本来であれば、亡くなった全ての人のエピソードを盛り込むべきでしょうが、時間制約のある中では、一部しか紹介することができなかったので、DVD発売時に盛り込む予定だと、監督が上映後のインタビューで答えていました。

50年という月日は、長いようで短いです。未だに、関係者の中には、事故のことを語ることが辛いという方もいらっしゃったようです。ただ、遺族が亡くなり始めたりしており、このタイミングでつくる必要があると思った、と監督は仰っていました。

映画自体は、インタビューが中心の淡々としたものでしたが、それぞれの人の思い、スポーツへの情熱、スポーツは支えてくれる全ての人によって成り立っていること、などを、しみじみと考えさせられる内容で、見に行って良かったです。

昨夜は、NYで、五輪メダリストや事故の遺族などが集まった特別上映会が開かれており、映画の前後に、衛星中継で、会場の様子やインタビューが映し出されるという趣向がありました。
最後には、つい先日行われた全米選手権の優勝者達とライサチェク選手が演技を行い、大画面で見れて嬉しかったです。

もし、ご興味があれば、RISEのHP(www.rise1961.com/)の画面左上に設置されたアンコール(Encore by Popular Demand)という文字をクリックしてください。アンコールが多ければ、3月7日に再上映するそうですよ!


良かったら、クリックしてください。
励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

フィギュア
そうなんですよねー。スポーツがリアルタイムで見られないのが残念!フィギュア大会もだし、日本代表チームのサッカーも!!

60年代にそんな衝撃的な事故があったのですね。選手団18名って、その後よく盛り返したなってくらいの大変な人数ですね。トップの人がごっそり消えてしまったわけですよね。考えられない悲劇。

そうだ、去年の今頃はオリンピックのフィギュアスケートで大盛り上がりだったのでした。去年のはほんと見応えありましたー。
Re:フィギュア
サッカーも日本で盛り上がってて、羨ましかったです。
この事故、アメリカスポーツ史上最大の悲劇と言ってましたが、本当ですね。その後、女子は1968年にペギー・フレミング選手が五輪で金メダル取っているのですが、男子はスコット・ハミルトン選手が1984年に金メダルを取るまで取れなかったようです。コーチ陣もいなくなり、外国からコーチを招へいするきっかけになったというのも、なるほどなと思いました。今でこそ外国コーチは当たり前ですが、以前はなかったのですね。
バンクーバー五輪は歴史に残りますよね!!日本では、会社でも、ワンセグでこっそり見てる人が続出でしたよ~(笑)
【 管理人ZIZI 2011/02/20 03:37】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne