忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[187]  [186]  [185]  [184]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第7回健診(29wks1day)はグルコーステストだけじゃなかった・・・

RIMG2636.JPG昨日、7回目の健診を受けてきました。

6回目の健診についてはブログに書くのを忘れていたのですが、今回、Glucose tolerance test(ブドウ糖負荷試験)を行うと言われていました。このグルコーステストは、妊娠糖尿病(gestational diabetes)をチェックするための血液検査です。通常、妊娠24週~28週に行われます。
妊娠時は、血糖値が高くなりやすくなり、赤ちゃんが巨大児になって難産になったりするそうです。通常は出産後は元に戻るそうですが、稀にそのまま糖尿病になってしまう人もいるとか。

血液採取の1時間前に、上の写真の毒々しいオレンジ色のブドウ糖ドリンクを5分以内に飲まなくてはいけないのですが、殺人的に甘いのです。
異様に甘いお菓子を平然と食べるアメリカ人ですら、「吐く人もいる」らしく、「吐かないようにね。でも、5分以内に飲みきってね。」と念を押されていました・・・。
朝一の空きっ腹に飲むとキツイらしく、午後に予約を入れた方がいいとも言われたのですが、Edが午後には会社にいなくてはいけなかったので、朝一になってしまいました。

クリニックの方に、糖質の含まれないゆで卵を食べておくといいとアドバイスももらっていたのですが、めんどくさくて、空きっ腹に飲んでしまいました・・・。
Jillさんに、冷やすといいと教えてもらっていたのが効いたのか、1分で飲みきることができてホッとしたのですが、その後、胃腸の調子が突然悪くなって、気持ち悪いわ、お腹は痛くなるわで、散々な目にあいました・・・。
 



血液採取は、飲み終わった時間から1時間~1時間10分後以内に行う必要があるそうです。なので、時間を計る時計は、クリニックに持っていけるものを使った方がよいです。

前回の健診以降、突然甘いものを欲するようになってしまって、検査2日前くらいから、糖分や炭水化物を取らないように気をつけていたのですが、糖分のことばっかりで頭がいっぱいになってしまってて、鉄分欠乏についても検査されるということを、すっかり失念していました・・・。友達数人から、妊娠後期の鉄分欠乏についてはアドバイスされていて、鉄分のピルは気持ち悪くなるから、食事で気をつけるように言われていたのに・・・。
妊婦用サプリを飲むのも忘れてました・・・。たまたま、前日に、ヒジキのサラダと大豆とヒジキの煮ものをいっぱい食べたので、効いてるといいのですが。検査結果は来週に出るそうです。

この日は、丁度予約時間頃に、Dr.Kの担当妊婦さんが出産の最終段階だったらしく、診察室にいてもバタバタしているのが分かりました。私達は30分くらい待たされたのですが、なんと陣痛開始から20時間くらいかかっていたそうで、無事、問題なく産まれたと連絡が入った時は、知らない人なのですが、嬉しくなってしまいました。

血液検査の他は、いつもの通り、尿検査、体重・血圧測定、子宮底長測定・心音確認と質疑応答です。

特に問題はなかったのですが、質疑応答で聞きたかったのは、小児科医のこと。アメリカでは、出産前に担当小児科医を決めるのが普通だそうです。妊娠中に医師に面談を申し込んで決めるらしいのですが、もちろん、無料で面談できる訳はないので、できれば1人に絞り込んで、よほど酷くない限りその方に決めようと思ってます。そこで、加入している保険が適用され、さらに家から近い小児科医をピックアップして、Dr.Kに相談しました。

今までは、妊娠期間中のことばかり考えていましたが、段々、産まれた後のことを考えたり、準備したりすることが増えてきました。10か月は長いと思ってましたが、あっという間でビックリです。

良かったら、応援クリックお願いします♪励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

No Title
グルコーステストってアメリカでは必須なんですね。。
日本は、3回以上尿検査をして、糖が出ていたらやるんですよね。
この違いはなんなんでしょうね・・・。
とりあえず、、、検査結果に問題がないといいなと
願ってます。

アメリカは小児科医さんは多いのかしら。
日本は、小児科医が少なくて大変だという話はよく聞きますもんね。
これからますますママ業が本格的になりますね。
楽しんでくださいね!!
Re:No Title
masakingさん、日本は強制じゃないんですよね~。体重管理が厳しくエコー検査で毎回胎児の大きさもチェックされるから、尿検査で問題なければ必要ないってことなのかもですね。
小児科医を探すのはそんなに大変ではなさそうです。保険が適用されるお医者さんだけでも結構挙がってきて、絞るのにちょっと困りました。面談とかめんどくさいなーとも思っちゃったのですが、ある意味、出産前に自分の目で担当医を決めておけるのは、安心ですよね。
【 管理人ZIZI 2011/09/05 14:41】
No Title
グルコーステスト、お疲れ様~。
1分で飲んじゃったとはすごい!私なんて、5分ギリギリかかっちゃったもん。
私と違って、ZIZIさんは大丈夫だと思うけど、結果が出るまで心配よね。
私も小児科のドクター、まだはっきり決めてないんだけど、おそらく
今通ってる病院の中にあるドクターに決めるかな。
現時点でどの小児科のドクターがいいか、なんて分からないのに
決めるってのも難しいけど、とりあえずって事で。(そんなんでいいんだろうか?)
Re:No Title
Jillさん、引っ掛からないといいのですが、でも、結構糖分とってるような気がするので、覚悟しておきます・・・。
小児科医、やっぱり、そうですよね。私も、結局よく分からなくなり、今の病院の中の先生に絞って、さらに、Dr.Kが知ってる人を教えてもらい、その中から、プロフィールやコメントや写真を見て、良さそうな人を適当に選びました(笑)もしダメだったら、そのとき考えよう~とか思ってます!
【 管理人ZIZI 2011/09/05 15:18】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne