忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご近所顔合わせパーティ

私達が現在住んでいるアパートは、シアトルダウンタウンからは割と離れていますが、いわゆる新興住宅地として開発されているエリアにあります。敷地内では、新しい賃貸アパート、分譲コンドミニアム、分譲一軒家などが、次々と建築されています。(不動産業界は未だに厳しいとも聞きますので、需要があるのかどうかは謎。)そのため、周りの居住者も、ほとんどがここ1~2年以内に移り住んできた人ばかりで、ご近所付き合いというものがほとんどありません。

自分からは挨拶をするようにはしているのですが、びっくりされることもあるし、多くの人は、おずおずと挨拶するという感じです。ダウンタウンのど真ん中だったら、都会だから、と思えたかもしれませんが、キツネなどが敷地を歩いていたりもするので、雰囲気は田舎っぽいのに、ちょっと淋しいなーという面もあります。

そんなとき、アパートのマネジメントオフィスから、Meet&Greet Party、ご近所顔合わせパーティ的なものを開催するので、良かったら来てください、という招待状が届きました。
アパートのマネジメント会社が2~3ヶ月前に突然前触れもなく変わったので、マネジメント会社自身が、住民とコミュニケーションを持ちたいと思って計画したのではないかと思っています。

正直、人見知りする性格なので、パーティは苦手です。さらに、昨夜は、義弟の努力が認められる出来事があって、お祝いディナーを計画していたので、参加は止めておこうかなと思っていました。
が、昼間にでかけてEdと落ち合って一緒に帰ってきたら、荷物をオフィスで預かっています、とのメモが残っていたので、折角だから、荷物をもらいがてら、顔を出してみようか、ということになりました。

オフィスには数人しかいませんでしたが、用意されていたアペタイザーが意外と美味しそうで(笑)、結局、顔を出すだけではなく、20分くらい腰を下ろして、隣の棟に住んでいるという年上の女性とお話することができました。1年くらい住んでいるそうで、色々知らなかったことも教えてもらいました。
やっぱり、ご近所にどんな人が住んでいるのかを知ることは、安心につながるものだなぁと思いました。
次に彼女に会ったら、名前を呼んで挨拶ができるということが、とても嬉しいです。

ただ、昼間も、Edの会社の先輩に紹介してもらって、お茶をしたばかりだったので、知らない人と英語で5分以上の会話をするのは、疲れるものだ、と再実感した1日でした(>_<)

ランキングに参加中です。
宜しかったら、クリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

ご近所付き合い
ご近所にどんな人が住んでるか、やっぱり知っておきたいですよね。
うちのご近所さんはなかなかいい人たちです。年に一度、みんなで集まって
BBQしたりするし。メールアドレスも交換してて、ご近所代表の方がリストを作って
みんなにメールで送ってくれるんです。ご近所の情報とかも。
アパートは人の入れ替わりがあるとはいえ、知り合っておくと安心ですものね。
挨拶も気持ちよくできるようになるし♪パーティに行ってよかったですね。
Re:ご近所付き合い
happy_jillさん、こんばんは。
ご近所でBBQとかメーリングリストとかいいですね~!
アメリカではそういう関係を期待していたので、かなりクールなご近所に戸惑いました。
全員、新参者なので、まだ探り合い中なのかもしれないですね。
でも、パーティに顔を出してみて、良かったです(^_^)
【 管理人ZIZI 2011/02/13 13:53】
そのうち
慣れないうちは知らない人との英会話疲れますよね。私も初めの頃はパーティーへ行くのも,それが理由で億劫でした。でもZIZIさんは英語とても上手ですよ〜。
ご近所さん達とは時間はかかるかも知れないけれど,そのうち少しずつお知り合いも増えて来るでしょう。着かず離れずの気楽なお付き合いができるといいですね。
Re:そのうち
くるみさん、ありがとうございます!
日本語ですらパーティは苦手なので、英語になると、本当に億劫です。
でも、やっぱり、人と付き合うには、顔と顔を合わせないと分からないことも多いし、大事なことかも、と改めて思いました。
くるみさんのところみたいな、適度な距離感のお付き合いができるといいな~と思いますが、まずは、自分から動かないとですね。頑張ります。
【 管理人ZIZI 2011/02/14 11:08】
これから、私も同じようなことがあるんだなあって思いました
日本の特に東京のマンションなんかに住んでいると、
同じマンション内の人で知ってる人はごくわずか
(そもそも、好んで大勢の人と人付き合いをしようとしない自分の性格のせいでもあるのですが。。(汗))
でも、なんとなく、日本はそれなりに安心だろうからいいわ、
と、特に、自ら行動することはなかったんですけれど、
アメリカに行ったら、、こちらと違って、近所に住んでる方は
気になるだろうなあと思いました。
ただ、、私も、、率先して知り合いになろうとするほうではないので
ZIZIさんの今回のブログ、すごく自分のことのように感じてしまいました。
うーん、そっちに行ったら、いろいろ大変ですねえ!!!
でも、覚悟しなくては。
Re:これから、私も同じようなことがあるんだなあって思いました
masakingさん、こんばんは。
私は割と根無し草で、子供の頃を除いたら、まともにご近所づきあいをしたことがなかったので、日本語でもできるか分からないです…
東京で独り暮らししてたときも、同じフロアの人くらいしか知らなかったですよ~。でも、日本だと、何となくアメリカよりも安全な感じがしますもんね。
先日も、一人でいるときに、突然、近所の人がやってきたのですが、知らない顔だったので、一瞬、身構えてしまいました。今のアパートは、まだ全室が埋まってないので、どんどん新しい人もやってきていますが、少しずつ顔が分かるようになったらいいなぁと思ってます。
【 管理人ZIZI 2011/02/14 11:43】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne