忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めてのお散歩

4連休、あっという間に終わってしまいました~。
感謝祭後は、家でダラダラ過ごした私達です。NHK杯は堪能したけど、後味の悪い結果で、ちょっと残念。

あ、1つ良かったことは、今年は感謝祭をお呼ばれしたので、地獄のターキー週間にならなくて済んだこと!去年は、母がいて、だいぶ消費してくれましたが、それでも、数日間、ターキー尽くしで、うんざりしたんです。

実は、今年、ご招待を受けた時、家族で祝いたいとブツクサ言っていたEdなのですが、私的には、お呼ばれして良かったです(笑)ただ、数少ないアメリカの伝統行事ですし、アメリカ人でもある娘のために、Edは、家長として、ターキーを焼いてあげたいらしいので、来年以降は、覚悟をせねば・・・。

さて、あまりに引きこもっていたので、天気の良かった今日、久しぶりに、近所のドッグパークへ行ってきました。

PR

渋すぎる趣味

015.JPG子供って面白い、とは、産まれた瞬間から、ずっと、思っていることなのですが、1歳を過ぎたら、何だか面白さが加速しているような気がします。

最近、私が家事をしていると、近くに座りこんで、本をめくっていることがあります。(読むのではなく、めくるだけ。本をめくる感覚が楽しいようです)自分の本をめくっていることもありますが、時々、本棚から、私の文庫本を取りだしてきます。文庫本は小さくて持ちやすいし、紙の感触が面白いんでしょうね。

ただ、破られたことがあるので、見つけたら、すぐに取りあげちゃうのですが、先日も、私の文庫をめくっていて、取りあげようとしたら、その題名にウケてしまって、思わずカメラを取りに走りました。

0e480789.jpegなんと、吉田健一の「酒肴酒」ですよー!

いやいや、名作ではありますが、私は大好きですが、子供が読むには渋すぎるでしょう~。

やっぱり、親の血をひいて、食べるのも飲むのも大好きな子になるのでしょうか・・・。

インスタレーション

a8fb01c3.jpeg今朝、娘の朝食の用意をして、食べさせようと思ったら、椅子の上に、娘のブーツがチョコンと乗せられていて、目が点に。

このブーツ、活発に歩きまわり始めた娘のために、Edが、防寒も兼ねて、つい最近、買ってくれたもの。

私がこれを見つけた時、娘は、ちょっと離れたところから、ブーツと私の様子を見ていて、私が笑ったら、喜んで近寄ってきて、ブーツの展示方法を検討でもしているかのように、声を出しながら、色んな角度で、置いては眺めて、を繰り返し、遊んでいました。

「芸術家気質でもあるのかしらね!?」(←ないない)と言ってみたら、自分の親バカぶりに、おかしくなってしまいましたが。

もちろん、ひとしきり終わった後、靴も椅子も綺麗にしました・・・。

1歳健診。

この月曜日、娘の1歳健診へ行ってきました。(そういえば、9カ月健診について書いてなかった・・・)

誕生日の時も、ああ、1歳かぁ、と感慨深く思いましたが、Dr.Gの笑顔を見たら、丁度1年前に、バースセンターで、Dr.Gが、娘の健康状態などについて確認して、「健康ですよ」と笑顔で言ってくれた時のことが、鮮明に思いだされて、1人でちょっと感動していた私です。

さて、9カ月健診では、注射の下手なナース(もうすっかりお馴染になってしまいました・・・)が入ってきた途端、ギャン泣き、Dr.Gを見てもギャン泣きだった娘ですが、今回は、じーっと見るに留まり、Dr.Gが口を開けてチェックするまで、泣きませんでした。

もう一つのお誕生日会

99d83e3b.jpeg11月4日の娘のお誕生日は、家族だけでお祝いしたのですが、なんと、その後、お友達夫婦が、娘のために、お誕生日会を開いてくれました。

サプライズパーティを計画してくれていたのに、私とEdの勘違い気遣いによって、サプライズパーティではなくなってしまったのですが(^_^;)

それでも、主催してくれたお友達夫婦と、忙しい合間を縫って、わざわざ集まってくれた皆さんの気持ちに、感動した私とEdです。



 


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne