忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動物園に子供を連れて行く理由。

動物園に行くことが辛くなったのがいつだったのかは、よく憶えてないのですが、多分、行く度に、少しずつ、嫌な気持ちが積もっていったのでしょう。

動物達の、「狭い場所に閉じ込められている姿」や「本来の生息地とはかけ離れた気候での暮らしを強いられてる姿」を見るのが、辛かったんです。

決定的だったのは、富士サファリパークに行ったとき。動物達の元気のなさと毛並みの悪さに愕然としたものでした。

ずいぶん動物園というものに行ってないから、最近の様子は知らないです。行動展示の旭山動物園が注目を集めていたけれど、ずいぶん変わってきたのかな。

動物園は、動物を見せるだけではなく、野生動物の保護、動物の生態や生息環境の保護などに関する研究を進める場所でもあると思うので、動物園自体を否定している訳ではないのだけれども、どうも、手放しで、子供を連れて行きたい!とも思えなかったのです。






今暮らしている場所は、アパートだけれども、敷地内のトレイルに行けば、野ウサギや狸がいるし、様々な種類の鳥が見られるし、公園に行けばリスがたくさんいるし、動物は身近にいるのです。KOKOもいるしね。

それから、普段の生活の中では決して見ることのない、野生生物に対して、「身近なもの」「可愛いもの」という感覚を持ってほしくない、ということもあります。どちらかと言えば、畏怖や敬意を抱いてほしいのです。それが、動物園に行くことで身につくのか、ちょっと疑問。

一方で、本物の動物を知っているのと知らないのとでは、知っていた方がいいのか、とも思います。

この、「子供に本物を見せる」という言葉に、親は弱いですね。

私も、そのクチです。動物園は好きではないと言いつつ、特に、娘が動物に興味を持ち始めてからは、図鑑で学べばよいんだから、動物園には連れて行かない、と貫くことにも、迷いがありました。

そんな訳で、春頃、無料チケットを頂けるとのことで、初めて、Woodland Park Zooに行ってみたのですが、ここは、私が子供の頃に抱いたイメージとは、ちょっと違ってました。

さすがシアトル、土地が広々していて、正直、動物がどこにいるのか、よく分からないことも、しばしば。初回の時は、遠くに見えるキリンに、娘は気づきもしなかったです。YNちゃんが、「私が動物だったら、ここなら、住んでもいいと思うかも。」と言っていたのが、まさに、という感じ。

緑がいっぱいで、お散歩にはもってこい、芝生エリアもあってピクニックもできる、室内プレイエリアもあって、雨の日でも子供達を安心して遊ばせられる、などが、子供の遊び場として、いいなぁと思いました。

まだ、ちょっと迷いはあるのですが、時々、連れて行くことにしました。シャットアウトするのではなく、私がどう思っているのかを伝えていけばいいことかな、と。

何度も行く方には、年間パスがお勧めみたいです。子供は、3歳までは無料なので、大人分の料金を払う必要がありますが、1回、$18.75なのです。そして、年間パスは、$43。しかも、ここから買うと$33と、2回分の料金で、何度も行けます。同伴者は2人まで半額になります。年間パスがあると、毎回、見る動物を絞って、ゆっくり見ることができるのも、いいです。

前回、初めて、食い入るように動物を見ている娘を見て、良かったかな、と思い始めています。
PR

無題
私もね、日本にいたときは、
動物園は、大嫌いでさ。
行くたびに、悲しい気持ちでいっぱいになっちゃうんだよね。
あのクマさんは、何を思ってあそこで一日いるんだろう、とか、
こんな狭苦しいコンクリートの中に入れられて、かわいそうに・・・とかね、思っちゃって、涙が出ちゃってたの。

でも・・

このシアトルの動物園は、いいよ、違うよ、って聞いて、
行ってみたいなあって思ってるんだ。
本物のいろんな動物を見ることは、
子供にとって、とってもいい刺激になりそうだよね。

娘ちゃんが興奮してる図が想像できるなー。笑。
Re:無題
masakingさん、そうですね、この動物園は、広めなので、狭い動物園と比べたらマシなのかもしれないけれど、それでも、所詮、動物園は動物園で、作られた環境には変わりがないので、私は、手放しで、凄くいい!とは、やっぱり思えませんでした。
生活の中で見ることがない動物を、実際に見る経験というものが、子供にとって必要なのかどうかも、ちょっと分からないところもあって。
ただ、1歳半を過ぎてから、急に、犬や猫などのいわゆる身近な動物以外の動物に興味を持ち始めたので、見せたらどうなるだろう、という私の勝手な興味もあって、連れて行きました。
類人猿などに対しては、凄く恐怖を感じたみたいです。象も、本で見るのは大好きですが、実物を見て、ビックリしていたので、写真と現実のギャップということを感じられたのは、良かったのかな、と思います~。
【 管理人ZIZI 2013/09/22 07:59】
無題
ZIZIさんお久しぶりです!
わたしも中学校で高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」を暗唱させられて以来、そして上野動物園の一日うろうろしっぱなしの目つきの悪いクマを見てからますます、動物園は心の痛い場所になっていたんですが、でも最近はずいぶんと動物にとっての住環境を優先するとこが増えてきましたよね。
ホノルル動物園もアフリカ園が広くって、シマウマときりんと犀がダイヤモンドヘッドをバックに広い赤土の野っ原のようなところに点々といて、あれは見ていてなごみました。トラやライオンなんかは草の茂ったオリの奥のほうにいるので一度も見たことなかったし(笑)。それでも動物にとっては、思い切り走れるような環境ではなし、刑務所と同じですよね。
実はWoodland Park Zoo、近所なのにまだ一度も行ったことがないんです。夏の間に行こうと思っていて、また今年も果たせませんでした…。終わっちゃいましたねー、夏が…。
Re:無題
Tomozoさん、お久しぶりです♪
ぼろぼろな駝鳥!強い詩ですね・・・。
上野動物園は、ストレス性の行動をとる動物が多いみたいですね。

最近は、野生生物を捕まえて飼育、ではなく、もしかしたら、動物園生まれの動物達に段々取って代わられてるのかもしれないですが、Tomozoさんが仰るように、刑務所には変わりがないですよね。
例えば、何らかの事情で保護が必要な動物を保護して、野生に返す準備をする、というようなこともされてるようですが、力のない個体が死ぬのは自然の姿であって、人間が介入する必要はないような。人間のせいで傷ついた動物を治癒して戻す、っていうことなら、分からない気がしないでもないのですが。難しいですね。今の時代には、そぐわない施設のような気がしてなりません。

とか言いつつ、子供を遊ばせる場所、としては、親にとっては、非常にありがたい施設であり、既に何度か行っているので、偉そうなことは言えません・・・(苦笑)それにしても、夏、終わっちゃいましたねー・・・。今年もあっという間でした(;_;)
【 管理人ZIZI 2013/09/22 07:58】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne