忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハロウィン衣装に因んだ絵本

今年のシアトルは、かなり寒くてビックリしています。

今週は、ずっと寒くて、外出時、娘も、「さむいー!さむいー!鼻でた!(=鼻水が出た)」を連呼。でも、息が白くなるのが面白いらしく、息をふーっ、ふーっ、と吐き出しながら、大喜びでした。

今日なんて、とてもいいお天気だったのに、最高気温が-2℃、最低気温が-8℃かな。
KOKOも、ベランダにすら出て行きたがらず、天気がいいのに、お散歩は断念。

1日、家でゴロゴロしてました。

こんな日は、絵本三昧です。丁度、先日届いた絵本を読み聞かせました。





それが、赤ずきんちゃんの絵本。

ハロウィンで、赤ずきんちゃんのコスチュームを着せたのに、赤ずきんちゃんの絵本を持っていなかったことに気づき、購入しました。

1つは、ポール・ガルドンの赤ずきん。オリジナルは英語ですが、この絵が好きで、日本語版を買ってしまいました。


Edが買った英語版は、イギリスを代表する絵本作家、バーナデット・ワッツのもの。こちらも、日本語版は売られているようです。


ガルトンのイラストが、ポップというか、漫画チックな感じなのに対して、ワッツのイラストは、ふんわりとした可愛らしいもので、柔らかな美しさが特徴的。どちらも、甲乙つけがたいです。

しかし、久しぶりに読みましたが、凄い話ですよね、赤ずきんちゃん。

グリム童話は、元々、残酷な話が多いというのは有名だと思いますが、子供の頃は、そんなに疑問にも思わず、喜んで読んでいたのが、我ながら不思議。

おばあさんも赤ずきんちゃんも、ペロッと狼に飲み込まれたにも関わらず、猟師が狼の腹を切り裂くと(その時点で起きるよね、普通・・・)、そのまま出てくるし(ガルトン版では、お腹の中は暗かったとのたまう赤ずきん。)。突っ込みどころが満載です。

こういう、現実とはかけ離れた物語を楽しめる能力が、子供の凄いところだ、という気もしました。

娘の反応はと言えば、「アージッキンちゃーん(赤ずきんちゃん)、カワイー!」と、赤ずきんちゃんのイラストには大喜びで、赤ずきんの衣装を着たがりました。

でも、話自体は、長すぎたみたいで、途中で飽きちゃいました。しばらくは、イラストを楽しむだけの本になりそうです。

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne