忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [81]  [80]  [77]  [76]  [75]  [74

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

労働+旅行許可証の到着

永住権の方が先におりるのかと思っていましたが、一昨日、待ちに待った労働・旅行許可証が到着しました!!
これで、必要であれば、すぐに日本に帰れるので、本当に嬉しいです。地震後、日本に帰りたくても帰れない(帰ってもアメリカに戻ってこれなくなる)という状況は、思いのほか大きなストレスでした。チケットを買うお金は、借金をしてでも何とかできるのでしょうが、永住権の申請中に帰国してしまうと、再度、1年以上かけてビザを申請しない限り、アメリカに再入国できないのです。
グリーンカードを得るまでの間の許可証なので、書類か何かで届くのかと思っていたら、しっかりしたカードで、ビックリです。指紋もしっかり載せられていました・・・

アメリカで就職するのは難しいでしょうが、当面は、日本からアルバイト程度ですが、仕事がもらえることになったので、継続的な被災地支援のためにも、頑張ろうと思います。

今朝は、義母から連絡があり、義両親が寄付をしてくれたSamaritan's Purse(サマリア人の財布:HPwww.samaritanspurse.org/)というキリスト教系の慈善団体が、アメリカから日本に向けて、既にジェット機に90トンの救援物資を積んで飛んだということを教えてくれました。とてもありがたい話です。
義両親は、本当にチャリティ精神に溢れていて、今回の地震に当たっても、一緒に心を痛めてくれました。彼らの娘になれて、嬉しいです。

アメリカに来る前は、アメリカ人は個人主義と刷り込まれていたので、Edと付き合うようになってから、家族・親戚関係が凄く密なのに、最初は驚きました。意外と、日本みたいな「家」意識があるようなのです。都会と田舎の違いもあるのかもしれませんが、今回の地震でも、まだ会ってもいないEdの伯(叔)父さん・伯(叔)母さん、従兄弟(姉妹)などから日本の為に祈っているというメッセージを頂いて、ありがたい限りです。

それから、日本赤十字社による募金活動(www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html)ですが、アメリカのクレジットカードでも、オンラインから寄付が可能のようです。アメリカの赤十字社は、救援活動に対して寄付金を使いますが、日本の赤十字に集まったお金は、各自治体の義援金配分委員会(日本赤十字社もメンバーとして入っている)で、配分を検討の上、被災者に直接届けられるようです。
緊急支援がひと段落した後は、再建に向けて、個々人の被災者と自治体こそ、お金が必要になってくると思います。今後は、日本の赤十字への寄付にシフトしようかと思っています。

残念ながら、早速、海外在住者向けの日本赤十字社の偽サイトが現れているようです・・・
お気を付け下さい。(ニュースサイト:topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx
日本赤十字社のサイトは、英語ではなく日本語記載です。

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne