忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[83]  [81]  [80]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Spooks/MI-5

MI5.JPG丁度1か月前にDVDを購入した、BBCドラマMI-5のシーズン8を見終わりました。テレビドラマは、今のところそれ程見ていないのですが、このイギリスドラマMI-5は、数年前から、唯一、DVDで買い続けている大好きなシリーズです。

最初は、Matthew MacFayden(マシュー・マクファディン)という俳優が好きで見始めたのですが、とにかくよくできた素晴らしいスパイドラマだったので、彼が退場した後も、続けて見ています。イギリスの俳優って本当に演技が上手いなぁと思いますが、メインキャラクターだけでなく、脇役も素晴らしい役者が揃っています。サスペンスものが好きな方には、本当にお薦めです。日本でも、2年くらい前に日本語版のDVDが出ています。

タイトルは、イギリス情報局保安部のMilitery Inteligence, section-5(軍情報部第5課)の略です。イギリススパイと言えば、007ですが、007はMI-6所属です。MI-6が、海外での情報収集と諜報活動を行うのに対し、MI-5は、イギリス国内の情報収集(テロや他国のスパイ活動)と諜報活動を行う組織です。
このドラマは、アイルランド問題、アラブ問題、イスラム問題、核問題、環境問題などなど、イギリスを取り巻くリアルタイムの内容を含むエピソードに、各諜報員の人としての苦悩などを織り交ぜた、基本的には一話完結型のドラマです。しかも、分かりやすく敵と味方がハッキリしている訳でもなく、仲間内での裏切りや先入観による勘違いなんかもあり、先が読めません。

アメリカの派手なスパイもの、サスペンスものと比べると、はっきり言って地味めです。が、リアリティという意味では、MI-5が格段に上のように思います。毎回、気づくと、息をするのを忘れてしまうくらい、緊張感に溢れた展開なのです。



イギリスを取り巻く世界状況などについての知識がないと、分かりづらい部分があるのと、私にとってはかなり早口なので、久しぶりに見ると、しばらく耳を馴らすのに時間がかかるという、ストーリーとは別の意味で、緊張感が漂うドラマでもあります。

このドラマで興味深いのは、各諜報員が、正義のヒーロー・ヒロインなんかではなく、それぞれの苦悩を抱えて任務に当たっているというところです。何万人もの国民を守るために、一人を殺してもいいのか、という重い問いかけはよく出てきます。本当のMI-5が、広報の一環として、協力しているという話も聞いたことがあるのですが、正直、このドラマを見てると、こんな仕事できない・・・と思ってしまいます。

ちょっと残念なのは、よく考えたら当然なのかもしれませんが、日本は全く出てこないことでしょうか。シーズン8では、暗号として、Jリーグのチーム名が使われてましたが(笑)
アメリカは、どちらかというと悪役として描かれています。CIAってここまでやるのかな?と思わなくもない描写もあるのですが、Edは、やるかもねーと言ってました。

ところで、このドラマのイギリスでの原題は、MI-5ではなく、Spooks(スプークス)なんです。spooksは、幽霊などを意味しますが、話し言葉でスパイという意味もあります。
でも、アメリカだと、かつて、黒人の蔑称としても使われていた言葉であるため、アメリカとカナダでの放映に当たって、MI-5とタイトルを変更したようです。また、スパイと言うと、アメリカでは、CIA(Central Intelligence agency)が、カナダではCSIS(Canadian Security Intelligence Service)が最初にイメージされてしまうため、イメージ混同を避けたという面もあるようです。(ただ、BBCカナダでは今はSpooksに戻したとも読みました)同じ英語圏でも、言葉の違いは結構ありますが、テレビドラマのタイトルにも色々あるんだなと思わせられました。

良かったらクリックお願いします!
励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

私以外はみんな観てます。
うちの家族も大好きですよ、この番組。旦那は「良い人も殺されちゃう事がから、観てて気が重くなる」と言いながら観てます(笑)私には、ストーリーよりもブリティッシュアクセントがヘビー過ぎて、ついていけないので観られないのです。
ところで!私も30代の寅年でございます。タメですね。ちなみにポートランドのNahoさんも「同世代」らしいです。(あ、バラしちゃった。あはは)
Re:私以外はみんな観てます。
わー!同級生なんですね!!何となく嬉しいです~♪
これからもよろしくお願いします:)
旦那さまの、観てて気が重くなるというの、わかります(笑)
特に毎回、シーズン最後は衝撃の終わり方で次のシーズンに続くので、重い気分をひきずるんです。こんなにメインキャラクターがガンガン死ぬドラマも珍しいんじゃなかろうかと思うのですが、逆にリアルな感じがして目が離せません。
【 管理人ZIZI 2011/03/08 12:24】
海外ドラマに、、なぜかはまらない私ですが、、
日本も、本当にたくさん海外ドラマが来てますよね。
放映もしてるし、DVDもレンタルしてますしね。
私、,,むかーーーーーし、
アーノルド坊や(あーーー古い。。。)と、その後、
ビバリーヒルズ白書を見たくらい(アーこれも古いですね!)で、
それから、全く見なくなってしまいました。
結構頻繁にブームがあったのに、見ないんですよ、、

たぶん、、、、、推測するに(あたしがあたしを、ですが)
シリーズがどんどんと続くので、
面白かったとしたら、
ずっと見続けなきゃいけなくなる!
それはしんどくなるな、じゃあ見ない!と
心の中で決めちゃってるんだろうなと思います(汗)。
でも、そっちに行ったら、見るかもしれないなあと思ってます。
まず、、、ヒマだし(汗)、そして、
英会話を学ぶのにも良さそうですもんね(笑)
Re:海外ドラマに、、なぜかはまらない私ですが、、
アメリカのドラマって1シーズンが凄く長いですもんね。
イギリスは逆に少なすぎて物足りません(笑)MI-5は8話しかないんです。お薦めですよ♪
私は、アメリカのテレビの放映システムがよくわからなくて、実はアメリカに来てからは、テレビでドラマはあまり見てないです…。再放送もランダムだし、テレビではなく、1カ月$10くらいでDVDレンタルとストリーム配信が見放題のNETFLIXを使ってます♪
興味があるのがサスペンスか歴史物が多くて、あまり英会話の勉強にはなってない気もしますが…。
【 管理人ZIZI 2011/03/08 14:51】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne