忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ACMで、義父の昔話を聴く

RIMG5444.JPGどこのお家でも、嫁と姑・舅との関係には、多かれ少なかれ、何かしら問題があると思うのですが・・・、私の場合、義父と、なかなか話が弾まない!という問題があります。(それから、必ず土足で家にあがりこんでくること・・・)

何せ、義父の好む話題というのが、車、飛行機、列車、Jhon Deere(トラクター)、モデル作り、政治なんです。政治話は避けたいし。他のものには、全く興味がなく、しかも英語だから、聞いていてもチンプンカンプン。

なので、いつも、義母とばかり話してしまうのですが、America's Car Museum(ACM)では、本領発揮とばかりに、活き活きと語る義父にくっついて周りました。義父は今年68歳なので、1950年代くらいからの車の思い出話をしてくれて、面白かった。

上の写真は、1948年のTuckerです。不運な名車として、有名な車だそうですね。映画にもなっているそうです。ここにあったのは、生産された51台のうち7番目のもの。真ん中にもライトがあるデザインがいいなぁ。
年配の方には思い入れのある車のようで、義父も含めて、年配の方々が群がって、当時の話をされてました。



RIMG5450.JPG昔の車って、前輪のすぐそばにスペアのタイヤが、革ベルトなんかでくくりつけられてるのですが、なぜか、それがお洒落に見える。

後ろに付けられないのは、後ろに座席があったりしたからだそうです。雨の日は乗れませんけどね・・・。

RIMG5462.JPGこれは、1925年のインディ500(インディアナポリスで毎年開かれるレース)で2位だった、Miller Junior 8 special #1。優勝車ではないけど、デザインが素敵。

車に全く興味のなかった私が、クラシックカーっていいかもー・・・なんて思い始めてしまいました(笑)どの車も、強烈な個性があって、現代の量産品にはない魅力があるんです。

クラシックカーを自分でコツコツ整備・修復する方達がいますが、その気持ちが、ほんの少し分かった気がします。
RIMG5467.JPG
ミュージアムショップも、小さいながら、なかなか面白い品揃えでした。車のクリーニングキットとか。写真の右側にあるのは、オープン日をプレートに綴ったものです。

娘もぐずることなく、最後までゆっくり見れました。車好きの方には、かなりお勧めのミュージアムです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

うちの夫と義父と・・・
ZIZIさんのお義父さんは、話が合うと思う~!!
うちの旦那は車…しかもいわゆるMuscle Carが大好きなんです。
それに飛行機も大好き。
その上政治の話題には熱が入ってしまうほど好きですよ~。
怖いですね…(汗)。

Burienでも、クラシックカーの集まり~みたいの、よくやってるみたいですよ。
Old Burienあたりで、ぴかぴかの車がずらっと並んでるの、見た事あります。

車のオーナーが、苦労して手入れをした車を、顔に満面の笑みを浮かべてお披露目してるのを見ると、こっちまで楽しくなりますけど、きっとお金がたーくさんかかってるんだろうなあ…とも思います。
本人はきっと気にしないのでしょうねぇ。
Re:うちの夫と義父と・・・
オレンジ猫さん・・・それは、バッチリ合いますね!!!さらにドイツ系でいらっしゃいましたね!?義父は、きっとお友達になりたいに違いないです(笑)
そうそう、そうでした!丁度、父の日に、Burienでcar showやるってチラシもらってました!!忘れてた~(>_<)連れて行ってあげればよかったかもです。うちのアパートにも、クラシックカーを持ってる方がいたのですが、凄い大金がかかると聞いて、ひええって思ってたのですが、展示されていた修復・整備後のクラシックカーコレクション(あの宝飾メーカー副社長、ブルガリさんの!)を見て、ちょっと納得しちゃった私でした(笑)
【 管理人ZIZI 2012/06/20 09:53】
無題
男性って・・
好きなことを語らせると、ホント・・すごいなと思うことがあるなあ。
うちの父も、ものすんごく車が好きだから、
(いろんな車に乗りたいからという理由もあって、普通の仕事のほかに、60過ぎても、まだレンタカー屋でバイトしてるもんね。。。)
お義父様も、話したくって仕方ないんだろうねー。Edさんは、どうなの?そういう話、好きだったっけ?

この前、うちの近所のディーラーに、
クラシックカーが売ってたの。
急にダンナが欲しがったよね・・。

2台目、という道楽として買うならいいですよ、そんな余裕があるならね!と、釘を刺しておきました(笑)

でも、ここ、目の保養に行って見たい。デザインの素敵な車を見るのは、好きなんだー。
Re:無題
masakingさんのお父様、凄い!というか、ご両親共、アクティブですよね!
Edも車好きで、昔はよく雑誌買って、あれこれ言ってたけど、今は、いい車を買う余裕なんて全くないので、見ないようにしてるみたいです・・・(^_^;)
ここ、車お好きでしたら、是非!
車なんて、安全だったらそれでいいと思ってる私でも、カッコいいー!とか騒いじゃいました。いいデザインだったり、人が情熱をかけて作ったりしたものだったり、それが何であれ、人の心を打つもんなんだなぁとか思っちゃいました。
【 管理人ZIZI 2012/06/21 02:30】
無題
おお~、とうとうオープンしたんですね。キャンパスに行くときに高速から見えて、いつ完成するのか友達と話してたんですよ。

建て始まったのが1年半くらい前だったかな?すごいスピードで建てられてたので、高速道路の工事とかもこれくらいのスピードでやってくれればいいのにね、と話してたんですよ。笑

さて。アメリカって博物館・美術館の入場料って結構高いんですよね。でも一度くらいは行ってみたいな~。

うちも夫が将来退職したら、古~い車を買って毎日コツコツ修理をして、クラシックカーを乗り回したいそうです。笑 やっぱり車って男のロマンなのでしょうか?
Re:無題
Mumikoさん、1年半前に工事開始だったのね!中はね、がらんどう(笑)駐車場をモチーフにしてるとかで、ホントに駐車場っぽい、素っ気ない内装だから、早かったのかも・・・。確かに、高速道路、何とかしてほしいよねー。タコマ辺りって、ずーっとずーっと工事してない!?
アメリカの博物館・美術館、高いね。ここもだけど、大半が私立だったり、公立でも補助がほとんどないからかなぁ。仕方ないのかも。一方で、フライみたいに、無料でやってる私立とかあると、その心意気に感動しちゃいます。
日本は、公立のは、補助金が入ってるのと、赤字垂れ流しのところが多いからね・・・。苦しい経営でも、安かったものを高くすることは絶対できないのが、日本、という気がします。
ここね、1度は行ってみてもいいかもしれません。旦那様も、クラシックカー整備したい派なのね~!でも、老後に、趣味がないより、Mumikoさんの旦那様のように、あれこれ夢があるっていうのは、とてもいいよね。
【 管理人ZIZI 2012/06/25 15:22】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne