忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犬と一緒にオリンピック国立公園へ:フレッチャーキャニオン編

オリンピック国立公園旅行記、これで最後です。
旅行の最後に、Lake Quinault(キノート湖)の近くにある、Fletcher Canyon Trail(フレッチャーキャニオントレイル)を訪れました。ここは、厳密には、オリンピック国立公園ではなく、Olympic National Forest(オリンピック国有林)のColonel Bob Wilderness(ボブ大佐自然保護区域)と呼ばれるエリアの一部です。

ここも、犬連れで入れる3.5mile(約5.6km)のトレイルです。ルビービーチからは、US101を南下し、キノート湖にぶつかったところで、キノート湖の南側に位置する、South Shore Rd.に入ります。

RIMG2326.JPGQuinault River(キノート川)に沿って走ると、途中から、Dirt Road(未舗装道路)になってしまい、私達の他に車は一台もなく、人も見かけず、トレイルらしきものも見当たらず、段々不安になる景色に・・・。
「本当にそんなトレイルあるの~?」と、全員に疑いの目を向けられた頃、ようやく、右手に、小さなサインが!見落としそうなので、要注意です。

入口は本当に小さいのですが、このサインの先には、何台か分の駐車スペースがあるので、道路脇に止める必要はありません。(最初、分からなくて、道路脇に止めました。)
RIMG2317.JPGこのトレイル、トイレが設置されていなかったので、心配な場合は、キノート湖畔にあるインフォメーションセンターなどに立ち寄っておいた方がいいです。

見た感じ、前日のクレセント湖のトレイルとは明らかに違う雰囲気です。一歩踏み込むと、太古の森、という雰囲気。
駐車スペースには私達の車のみで、周辺にも人の気配はなく、ひっそりとしています。義弟は、クレセント湖のときには皆から邪魔だと不評だった、かなり大きめのウォーキングスティックを、武器としても使えるから必要なんだ!と、意気揚々と取り出していました(笑)

オリンピック国立公園は、どの場所に行っても、Couger(学名ピューマ。北米にいるとは知りませんでした・・・・)注意の張り紙があるのですが、ここは、いそうな感じがして、先頭は耳のよいEdとKOKO(暴れたときに抑えられるように)、間に私と友人N、しんがりを武器を持った義弟という順番で歩くことにしました。



RIMG2320.JPGこのトレイル、道幅が狭くて、1人ずつしか歩けないのです。しかも、植物がわさわさと茂っていて、植物の合間を縫って歩く感じで、あまり先まで見通せません。アラスカでよく見たDevil's Clubという棘だらけの植物も多く、気をつけないと怪我をします。軍手など用意した方がよいです。湧水も多く、地面に湧き出している場所もありました。
RIMG2321.JPG
水が怖くて、動けなくなるKOKO・・・→
でも、何度かクリアするうちに、水の上も歩けるようになりました~。

このトレイルに到着した頃は、突然曇り始めたのですが、鬱蒼とした森のせいで、晴天だったとしても、暗いことに変わりはなかったように思います。

アップダウンもそこそこあり、途中、倒木もIMG_0154.JPGいっぱいありました。
レンジャーが切って通れるようにしてある場所も少しありましたが、大半は、左の写真のように倒れたまんまで、くぐったり、乗り越えたりしないといけません。
全体的に、中級トレイルという印象です。

2mile(約3.2km)もいかないうちに、私の息があがってしまって、
戻ることになりましたが、古い森の雰囲気がかなり気に入ったので、いつかまた全部歩いてみたいなぁと思いました。
RIMG2330.JPGトレイル出発地点の向かいに流れるキノート川の眺めもよく、戻ってから、しばしここでぼんやりして、ようやく帰路につきました。

1泊2日と短かったですが、短い割には、のんびりと色々な場所を見れたので、日の長いワシントン州の夏に感謝する旅行でした。

応援クリック頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

No Title
短い時間でたくさんの場所に行かれたのですねー!充実の旅行でしたね。
このトレイルは、私たちの行ったGibbs lake に似ているかも…。こちらのほうが人里離れているだけあって、もっと鬱蒼とした感じですが。(わたしたちも、やっぱりクーガーの心配しながら歩いてましたw半分冗談、半分ホンキでw)

Re:No Title
Tomozoさん、そうなんです。
最近、すぐ息切れしてしまって、1回1回に歩ける距離が短いので、ちょこちょこ色々行くというプランにしたのですが、日が長いと結構ゆっくりできて、いいですね。でも、ハイキング好きとしては、不完全燃焼(笑)なので、いつか、ハードなトレイルをじっくり歩いてみたいです~。
昔、まだ野生生物に対する認識が甘かった頃、エルクに殺される!と思ったことがあったので、エルクに気をつけようと思ってたのですが、クーガーの張り紙見てかなり心配しましたよ~。途中、犬がうなり始めた時は、皆で固まってしまいました!
【 管理人ZIZI 2011/07/16 02:42】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne