忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第5回健診(21wks1day)と今後の方針

少し前になりますが、Dr.Kのクリニックで、第5回目の健診を受けてきました。
今回は、いつもの①尿検査、②体重・血圧測定、④子宮底長測定・心音確認に加え、出生前診断結果、エコー検査結果、遺伝子カウンセリングの内容をレビューしてもらい、今後どうするかについて話し合いました。

Edが、「二人で話し合った結果、①羊水検査をするつもりはない、②サイトメガロウイルスとトキソプラズマの感染有無に関する検査について、カウンセラーの話ではよく分からない部分があったので、Dr.Kの意見を聞きたい」と伝えました。私もEdも、カウンセラーのアクセントが少し聞き取り難く、②について、二人の認識に少しズレがあったので、Dr.Kに確認しようと話していたのです。

Dr.Kの見解は、「サイトメガロウィルス(CMV)とトキソプラズマの検査をやる意味は、あまりない」でした。

検査の結果、CMVとトキソプラズマのどちらについても陰性である場合のみ、この2つのウィルス感染の可能性を排除できるが、それ以外の場合は、結局、何とも言えないという結果しか出せないとのこと。

CMVは、成人の場合、多くの人が、陽性である可能性が高いそうです。妊娠時に問題になるのは、妊娠前に抗体を持たず、妊娠中に初めて感染した場合なのだそうです。私の場合、妊娠前に抗体を調べていないので、これからテストを受けて、陽性と出ても、それが妊娠前に陽性になったのか、妊娠後に陽性になったのかが判断つかず、結局のところ、私から胎児に感染しているかどうかは、分からないそうです。

トキソプラズマについても、抗体を持っている可能性はCMVより低いものの、同じように、妊娠前に抗体を持っていれば、陽性と出てしまうとのこと。

ここまで聞いて、追加検査はいらないな、と思ったのですが、どうしても気になることがあって、質問しました。
「もし、ウィルス感染していたり、腸に障害がある場合、お腹の赤ちゃんが苦しい思いをするっていう可能性はないんですか?」
・・・聞きながら、泣いちゃいました。涙線がどうにも弱くなっています。




ごめんなさい、泣くつもりなかったんですけど・・・・ってモゴモゴ言い訳していたら、Dr.Kは、クリネックスを差し出しながら、「ここで泣いた人はあなただけじゃないから、気にしなくていいの。でも、泣く必要もないのよ。もし異常があったとしても、それでお腹の赤ちゃんが苦しいとか感じることはないから。ストレスを感じる方が良くないわ。」と言ってくれました。

それから、今のエコー検査機械は繊細にできているので、何でもないものでも拾ってしまう可能性も十分にある、とも言っていました。そうだといいのですが。

遺伝子カウンセラーから、追加検査をしない場合でも、エコー検査を定期的に受けることを勧める、というコメントがあり、それについてどう思うかも聞かれました。

Dr.Kが気にしていたのは、2nd trimester(大体、日本で言う中期に当たります。アメリカの場合、妊娠期間は9カ月とカウントするので、3か月毎に区分しています。)のエコー検査で異常が見つかった場合、胎児が子宮内でうまく発育できず、未熟児となったり、死産する可能性もあるということ。

子供を助けるため、いち早くそれを見極め、帝王切開による早期出産に踏み切り、適切な医療ケアをするということも考えられるそうです。これを聞き、エコー検査を毎月1回、スウェディッシュで受けることに同意しました。

Dr.Kは、見た目も話し方も、クールで一見冷たい感じなのですが、とにかく、赤ちゃんのことを第一に考えてくれるし、毎回、私の精神状態(妊婦生活を楽しんでいるかどうか)を重視してくれるので、やっぱり、この先生で良かったな、と改めて信頼を置きました。
いつの間にか、妊婦でいられるのもあと半分以下の4カ月。最初で最後の経験を、いっぱい楽しもうと思います!

応援よろしくお願いします♪
どちらかクリックしてくださいね。
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

No Title
検診、どきどきしましたね。
大丈夫ですか?
不安があるときって、
心臓がおかしなぐらいどくんどくん言いますが、
おなかの赤ちゃんは、
そのどきどきのリズムに呼応して、何かしてたのかなあ

私には経験がないので、わからないけれど、でも、
きっと・・・

ママ、大丈夫だよって、
言ってるような。。。そういう気がします。
なんて、ちょっと無責任ですね。ごめんなさい。
でも、ZIZIさんの体内ではぐくんでいる命は
確実に、前を向いて、大きくなっていますね。
あと半年、ぜひぜひ楽しんで過ごしてくださいね~!!!
祈ってます。
Re:No Title
masakingさん、ありがとうございます♪
いつもの先生とお話したら、落ち着きました~。最後は、笑って帰りました。
苦しくないんですか?って聞いた後、しばらくしたら、ベビちゃんが動き始めたので、もしかしたら慰めてくれたのかもしれませんね!!
毎日、ドカドカ蹴りとパンチがくるので(後期になって耐えられるか心配・・・)、おぉ、今日も元気だね、と楽しんでいます。私も元気になったので、色々画策中でございます~。
【 管理人ZIZI 2011/07/19 10:19】
No Title
私もいろいろ検査してみたいけど、多分もう殆どしないと思います。
もうお腹の赤ちゃんを信じるしかないですもんね。
本によると、ベビーちゃんはお母さんとコミュニケーションが取れるとか。
いつもベビーちゃんに話しかけて、不安をふっ飛ばしましょう!
ドクターも安心して相談できる人でよかった。
妊婦は不安な事が多いから、ドクター選びはとっても大事ですもんね。
残りの妊婦生活、のんびり楽しく過ごしましょうね♪
Re:No Title
Jillさん、ここまで来ると、あとはもう臨月まで健康な生活を送るのみ!って感じですもんね。私も、検査で疲れるなら、もっと楽しいことにお金と時間を使いたい~って思いました!
最近、散歩中もブツブツ話しかけてるので、傍から見たら、かなり独り言の多い人ですよね(^_^;)
でも、コミュニケーション取れるのは、ほんとかもしれませんね!最近、旦那が手を当てて話しかけるとちゃんと反応するんですよ!!ビックリ。今日は私達が喧嘩したせいか、手を当てても動かなくて、旦那はガックリ、私は勝った!(ベビちゃんは母の味方~)って思っちゃいました(笑)
【 管理人ZIZI 2011/07/19 14:38】
No Title
はじめまして。
シアトルに住んでいらっしゃるんですね。
私もシアトルに在住なので、スウェディッシュの話などとても勉強になります。
本日初の検診に夫と二人で行って来ました。
今回はやはりziziさんと同様ドクターとの面談はなく、ナースとのやりとりでした。
ziziさんの赤ちゃんが健やかに育ち、生まれることを心よりお祈りもうしあげております。
Re:No Title
MKさん、はじめまして、そして、温かいコメントをありがとうございます。
そして、ご懐妊おめでとうございます!!
妊娠中、不安や心配なこともあるのですが、お腹に赤ちゃんがいると分かった時の幸福な気持ちは一生忘れない気がします。MKさんもそんな気持ちの真っ最中なのでしょうね。
私は、シアトルよりも南の方に住んでいるのですが、お役に立てて嬉しいです(^_^)
思いがけず子供を授かって、ほとんど何も分からないまま手探りで毎日を過ごしていますが、自分の経験から色々情報提供できたらいいなーと思ってます。また是非遊びに来てくださいね~。お体お大事にして下さいね。
【 管理人ZIZI 2011/07/22 12:08】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne