忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

駆け込み行列

7b04c0d1.JPGメモリアルデーの昨日、ずっと行きたかったTacoma Art Museumのノーマン・ロックウェル展に、駆け込みで行ってきました!
最終日、混んでるだろうな・・・と覚悟はしていましたが、行列でした。チケットを買うために並び、展示室に入るために並び、30分以上は並んだかも。
上野の美術館の混みあいぶりに比べたら、混んでるとは言い難い程度ではあったのですが、並ぶのが嫌いなEdは、うんざり顔。でも、shokoさん(pugetsound.exblog.jp/15759006/)とTomozoさんのブログ(livinginnw.blogspot.com/2011/05/blog-post_25.html)でこの展覧会のことを読んで、どうしても行きたかったので、ギリギリ間に合って良かったです。
e0978456.JPG丁度、タコマが誇るガラス彫刻家、デイル・チフーリの展覧会も始まっており、2つとも見れて満足でした。

様々な意味で、世界的リーダー(笑)としての地位を失墜しつつあるアメリカですが、私が学生の頃(10数年前)は、同世代の人達は、アメリカに背を向ける人が増えていたものの、まだ、憧れている人も結構いました。
当時、私は、アラスカ以外のアメリカには興味がなく、絶対アジアでしょ、と思ってましたが(アメリカに移住する羽目になったのは、皮肉な運命です・・・)、それでも、ノーマン・ロックウェルの絵を見ると、アメリカへ憧れる気持ちが、少し理解できるような気がしたものです。

作品を丁寧に見ていると、生涯で2,000以上の油絵を描いたという(残念ながら火事でかなり消失しています)、桁違いの才能を、肌で感じることができました。それから、後期の社会性の強い作品は、初めて見たのですが、どんな国の、どんな時代にも、必ず闇があるということを、教えてくれた気がします。
作品展示数は少なかったものの、好きだった作品の本物を見れたし、行けて良かった!




57cd5911.jpg帰り道に、タコマで評判の良さそうなCaffe Deiに立ち寄りました。先日、カフェの記事を書いて、カフェ探索熱が再燃してきたのです。
e6109f8a.JPG




ローカルアーティストのアートで飾られた、倦怠感漂う(笑)個性的なカフェでした。コーヒーやお茶も、拘りのメニュー構成で、食べ物は、ビーガン用が中心です。ドリップコーヒーを頼みましたが、割と美味しかったです。ただ、週末だからか、1人しかいない店員さんの対応がダメすぎて、残念な印象でした。勿体ないな~。
aa0dabbe.JPG51bd2bfb.JPG
その後、インド料理が食べたいというEdの希望で、家の近くにあるインド料理屋を初訪問。ホウレンソウとカッテージチーズのカレー、ガーリックナン、タンドリーチキンをオーダー。Yelpなどでは評価が高いお店なのですが、普通でした。タンドリーチキンは、自分で作る方が美味しいかも。でも、久しぶりにインド料理を食べて、満足でした♪

良かったら、応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
PR

No Title
間に合って良かった~!
本格的には始めてないけど、私にとってカラーはとっても難しいので(鉛筆画やチャーコールの方が修正が簡単)、彼の技術には衝撃を受けました。顔を近づけてじ~~~~~~~っと眺めてましたよ(笑)。
Re:No Title
shokoさん、行けないかもと諦めてたのですが、最終日に急にEdが連れて行ってくれて、ギリギリ間に合いました~。折角shokoさんに情報を頂いたのに、バンカメの恩恵には預かれなかったのが残念ですけど・・・
ほんと、近くで見ると、衝撃的ですよね。もっと軽い絵なんだと思っていたので、実物を見れて、本当に良かったです。私は水彩で止めちゃって、油絵をやったことがないので、難しいんだろうなあという程度しか分からないのですが、Art専攻で一通りやったことのあるEd(見かけからも、喋りからも、アーティストな雰囲気はゼロなんですけどね。笑。)は、技術と作成スピードについて、凄いなぁと何度か呟いていました。
【 管理人ZIZI 2011/06/01 09:15】
No Title
ノーマンロックウェルの作品、好きです〜
日本と同じで、、、混むんですねえ!
いろんな◎◎展に行くたびに、、、
あと、、、30分?1時間?というのは当たり前だし
展示品の前のごったがえした人の山を見るたびに、
ため息をついたりしちゃうのですが、
でも、やっぱり、本物を見るべし!と思ってる私とダンナは、
そんな混雑を覚悟しても、行ってしまいますね〜。
ロックウェルの作品も見たいなあぁ。
確かに、
どの国でも、優れたすばらしい芸術品には
その裏にさまざまな時代背景があって、
それを知ると、ますます、興味深いものになるなあと
いつも、新しい発見が出来て、わくわくします。
うーん、美術展に行きたくなりました。
Re:No Title
masakingさん、そうなんですよね~。絶対混み混みで、ゆっくり見れないと分かっていても、やっぱり本物は見てみたいって思っちゃいますね。ノーマン・ロックウェル展は、展示室の中はそんなに混んでなくて(割と皆さんサクサク出て行くので)、ゆっくり見れました。やっぱり素敵でした!
上野辺りの混雑ぶりって、ここ10年くらいのことじゃないですか?それより前は、もっと人が少なかったように思うんですよね。日本で私が大好きだったのは、佐倉の川村記念美術館です。お庭も良かったし、他にも佐倉近辺は、面白いものがいっぱいあって、遠いですけど、かなりお薦めです♪
【 管理人ZIZI 2011/06/01 09:43】
No Title
行かれたんですね、ロックウェル展! 
そんなに並んでたんですか。それはびっくり。やっぱり人気者ですね。私も、実物を見られてほんとによかった♪
タコマの週末はほんとに美術館以外は人がいなくって寂しいですね。
Caffe Deil、今度行ってみます!
Re:No Title
Tomozoさん、行けないかと思ってたのですが、行けて本当に良かったです!Tomozoさんが仰っていたこと、凄くよくわかりました!!大行列、美術館の人も大変そうでした。最終日じゃなければ、もっとゆったりしてたんだろうな~と思いました。Southern Kitchenの場所も確認したので、次の機会に行ってみます♪(行こうとしたら、凄く混んでて、これ以上並ぶのは勘弁、とEdに言われてしまって、そちらは断念…)カフェは、Southern kitchenのもうちょっと先だったのですが、ゴス系のお客さんがいたり、タイコーヒーなどがメニューにあったり、なかなか不思議な空間でした~。
【 管理人ZIZI 2011/06/02 15:23】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne