忍者ブログ
2010年秋にWA州シアトル近郊に移住しました。家族4人(夫のEd、2011年11月生まれの娘、ミニチュア・ピンシャーのKOKO)のゆるやかな日常を、記録しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/05 ninip]
[10/27 ninip]
[10/15 Pink]
[10/12 Tomozo]
[10/01 おれんぢ猫]
最新TB
プロフィール
HN:
ZIZI
性別:
女性
自己紹介:
2010年10月末に、アメリカに移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚しました。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わりました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アド
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9回健診(34wks1day)で、突然注射を打たれる・・・

本日は、第9回健診でした。ここから、健診の間隔が短くなっていきます。

いつものように、受付で尿検査のためのラベルをもらってトイレに向かおうとしたら、受付の方に、「あ、ZIZIは、今日、インフルエンザ予防接種受けるの?受けるなら、同意書のサインが必要なんだけど。」って言われました。

???前回の健診では、何も聞いてません。

「えーっと・・・、受けるものなんですか?聞いてないんですけど。」
と答えると、3人いた受付の人達が、口を揃えて、「受けた方が安全よ!」と。

実は、私、インフルエンザの予防接種は、幼少時以来、受けたことがありません。幼少時、かなり病弱で、予防接種で副作用が出たことが1度あり、それ以来、避けてきました。幸い、私自身は、インフルエンザにはかかったことがないのですが、今は一人の身体ではないし・・・。渡されたパンフレットによると、生後6カ月未満の乳児は予防接種を受けることができないとのことなのですが、出産予定日~生後6カ月は、丁度インフルエンザシーズンです。私が受けて、ベビちゃんにも抗体ができるようにした方がいいのかな・・・と思いました。

担当看護師のNさんに呼ばれて部屋に向かう途中にも、Nさんから、受けた方がいい、と言われました。小声で、「Dr.Kは、担当している妊婦さんには絶対受けてもらいたいと思ってるから、受けないと言っても、説得されるよ」とも、耳打ちされました(笑)



アメリカでは(国際的にも)、妊婦は、優先的にインフルエンザの予防接種を受けるべきと考えられているようです。日本では、かつては良くないとされていたと思うのですが、最近は、受けた方がよいという方向に変わりつつあるようです。

※ただし、妊娠初期の方、卵アレルギーを持つ方、過去にGBS(Guillain-Barre Syndrome、ギラン・バレー症候群)を患ったことがある方などは、必ず、医師の判断を仰ぐ必要があります。

妊娠中は、半分他人の遺伝子を身体に受け入れるため、免疫機能が通常よりもかなり落ちています。さらに、血液量が通常よりも多くなり、子宮で心臓や肺が押し上げられ、心臓や肺の負担が大きくなっているので、インフルエンザにかかってしまうと、重症化してしまうそうです。発症した場合、使える薬も限られ、重症化してしまうと、お腹の赤ちゃんにも影響が出てしまうので、予防接種によって予防するに越したことはないようです。

また、母親がインフルエンザの抗体を持っていると、赤ちゃんも生後6カ月は、母親の抗体で守られるそうです。

予防接種から抗体が完全に出来上がるまでには2週間かかるため、正産期まであと3週間の私は、今の時点で打っておいた方が良いようでした。私の健康状況からも、副作用などはほとんど考えられないとのことなので、打ってもらうことにしました。30年ぶりくらいかも(笑)

その後は、いつものルーティン検査と質疑応答でした。
それから、産まれた後に診てもらいたい小児科医(pediatrician)も伝え、前回の宿題だったバースプランについても見てもらいました。

小児科医については、前回、Dr.Kから、特にインタビューする必要はない、もし合わなかったら、その時点で変えればいい、と言われたので、インタビューはせず、公開されている情報だけで決めちゃいました。結局、私が一番良さそうと思ったお医者さんは、Dr.Kが知っていて、いいお医者だと請け負ってくれたので、その方にお願いすることに。

バースプランは、10分以上かけなくていい、と言われていたので、draft(下書き)のつもりで、本当に10分以下で、用紙に直接思いついたことを適当に書いて渡したら、「よく書けてるし、問題ないから、書き直す必要無し。バースセンターに廻しておくわ~」って、返してもらえませんでした(>_<) コピーを取っておけばよかった・・・。自分が何を書いたか忘れそうなので、思い出しつつもう一度書いてみて、今度、ご紹介します。

良かったら、応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
PR

No Title
ちゃくちゃくと近づいてますねー!
妊婦さんでもインフルエンザの予防接種って打つんですね。
知らなかったなぁ!
しかもその抗体が赤ちゃんにも受け継がれるんですねえ。。。
なるほど。
つくづく思うんですけれど、
妊娠、出産って、ものすごく学ぶことが多いですね。
女性は出産後、賢くなるんですって。
なんだか、、、納得しちゃいます。
Re:No Title
masakingさん、私も、インフルエンザの予防接種なんて考えてもなかったので、ちょっとビックリしました~。
妊娠・出産、本当に知らないことばかりで、驚きの連続です、未だに。
でも、必要に迫られるので、調べたりせざるを得ないですもんね。確かに、色々知識が増えました!最初は、英語で受診なんて絶対無理!って思ってましたが、意外と何とかなりました。人間、追いつめられると、結構頑張るもんですね(笑)
【 管理人ZIZI 2011/10/08 11:57】
No Title
へ?私、インフルエンザの事なんて一言も言われなかったよ~?
病院やドクターによって考えが違うのかな??
私もインフルエンザなんて、中学校の時に学校で受けて以来かも。
でもまぁ、私はあまりに早産だったから、注射、間に合わなかったけどね(笑)。
Re:No Title
Jillさん、あ、やっぱりそうですかー・・・。日本の友達にも、何それ??聞いたことないって言われました・・・。私のドクターは、少数派なのかも(笑)
インフルエンザシーズンの11月に妊娠してるから、という理由は分かるのですが、よく考えると、新生児のうちは、母子共にほとんど外に出ないと思うし、アメリカだと、日本と違って、他人と至近距離で接触することってほとんどないので(電車とか考えると、日本の方が必要そう)、あんまり必要なかったんじゃないかなぁと、後で思いました。
【 管理人ZIZI 2011/10/09 14:28】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne